Windows10 HDDの空き容量が少なくて困っている時に試すこと

PCのバックアップ中に「ディスク容量が不足しています」とか表示される・・・

保存領域が増えすぎてHDDを圧迫してパフォーマンスが下がった・・・

そんな時にPCの保存領域を少しでも開放する手順です。

スポンサーリンク

■システムの復元に割り当てられた保存領域の設定

コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム>システムの保護を選択します。

image-14

システムのプロパティが開きますので「構成」を選択し設定を変更します。

image-19

システムの保護を無効にして復元ポイントを削除することで大きく容量を開放することができますが、代償としてシステムの復元で戻すことが出来なくなります。

image-27

お薦めの設定は、保護を有効にしたままディスク領域の最大使用量を最低限に設定することです。また今まで保存した復元ポイントは一旦削除してしまいましょう。

■ディスクのクリーンアップ

Windowsの更新時にダウンロードされた不要になったファイル、キャッシュなどの一時ファイルなどを削除します。Windows7・8からアップグレードしたPCの場合は全OSのリカバリー分の領域も削除します。

手順はHDDのプロパティ>ディスクのクリーンアップを選択します。

image-4

クリーンアップしたいファイルを選択後(不要なものしかないので基本全部)削除します。

image-9

これだけでも大分ストレージの容量は確保できると思います。

■不要ファイルの削除

フリーソフト「SpaceSniffer」を使用するとストレージ内のファイルサイズが簡単に分かりますので、不要なファイルを探し出し直接削除することが出来ます。

image-23

CCleanerなどを使ってツール>重複ファイルファインダなどで重複ファイル検出し削除しても良いですね。

image-24

■使わないソフトの削除

普段使用しないソフトをアンインストールします。ソフトの使用しているサイズなどはクリックすることで確認できます。不要なものがあったら削除しましょう。

image-13

以上です。

スポンサーリンク