Android ファイル暗号化「Boxcryptor」の使い方

クラウドストレージのための暗号化ソフト「Boxcryptor」の使い方の記事を書いたのですが「Android Boxcryptor」で検索して、このサイトに来てくれた方がいたので補足しておきます。

Androidで「Boxcryptor」を使うにはココからインストールします。

起動後「START US BOXCRYPTOR」⇒アカウントを持っている方は、メールアドレス・パスワードを入力し「SIGN IN」。未登録の方は「CREATE YOUR BOXCRYPTOR ACCOUNT」からアカウント作成して下さい。

WS000004

UIで覚えておかないといけないことは「+Add Prowvider」=暗号化して使用したいクラウドストレージを登録する(無料のアカウントでは一つだけ)。「Uploads」は暗号化済のファイルです。

説明の後に使い方を説明していますので、使って覚えて下さい。

■GENERAL
Hide System Files=.ドットではじまるファイルやフォルダを非表示にするかどうか。
Use filename encryption=ファイル名を暗号化しますが、普通は設定しなくてもOKです。

■AppLock
Setup PIN lock=4桁のPIN lockを設定できます。
Reset app after 3 attempts= 3回の認証失敗でリセットします。

■Cache
Set file cache size=設定ファイルのキャッシュサイズです。
Delete all encrypted cache files=暗号化されたファイルのキャッシュを全て削除する。

■PROVIDER=使用するクラウドストレージ
■ACCOUNT=登録したアカウント情報
■MEDIA=Select target folder=暗号化できるフォルダー、ファイルが表示されます

スポンサーリンク

暗号化の手順

今回はOneDriveで説明します。

暗号化したいファイルの横のクエスチョンマークを選択

WS000010

「Share」を選択

WS000012

BOXCRYPTORを選択

WS000013

暗号化は「ENCRYPTED UPLOAD」」を選択します。

WS000015

暗号化をされたことを確認

スマホだとで緑色の鍵がかかります=暗号化。

WS000017

パソコン側でも確認します=拡張子:bcで暗号化を確認。

WS000020

暗号化の解除は「UNENCRYPTED UPLOAD」を選択します。

スポンサーリンク