子供のスマホ、それ本当に安全に使えていますか?

今日は子供が小学校から「スマホ・ケータイ安全教室」のパンフレットをもらってきたのですが説明が少なかったので、もう少しだけ勉強しようと思い「警察庁のサイバー犯罪対策」のページを見ていました。

これが面白くて勉強そっちのけになりました。

真面目な話、スマホや携帯を使用した詐欺・犯罪のせいで被害児童は年々増えてきていること・・・その被害児童の87%は親が対策をしていなかったということ。

そして被害の内容は強姦だったり強盗だったり・・・自分の娘に置き換えると心が痛くなる内容・・・

私はLINEやスカイプなどが一番悪の温床になっていると思っていましたが、それも違っていましたし・・・分からないものですね※実際はチャットのサイトが一番酷い。

デバイスにパスワードがかかっていなければ、子供がどういったサイトに接続しているか履歴で確認することもできますが、そもそもそういったことが出来ないようにフィルタリングサービスは必要だなと感じました。

スポンサーリンク

あなたは子供を守っていますか?

そもそもフィルタリングサービスだけで大丈夫なのか?

私のスマホの場合だと、キッズモードに変更すると遊べる時間の制限などは出来ますが、設定項目が少なくアダルト系にも接続できてしまいます。またAmazonなど通販サイトにも接続できてしまいます※大手キャリアのスマホではなくSIMフリーを使用しています

これだと、なんのためのフィルタリングなのか分かりません。キッズモードにしても全く安心出来ません。使い道といえば、親が子供に携帯を貸すときに他のところを触らせないようにするくらいです・・・

また、私の子供が使っているタブレット(ASUS=外国製)には、そもそもフィルタリングサービスがついていません。国内では18歳以下が使用するデバイスではフィルタリングサービスが必要と定められているにもかかわらずです。

ということで私がやっている対策を記載しておきます。

1:時間制限・・・私の家では子供のタブレットはルーターの設定で時間制限をかけて晩御飯の時間や夜の22:00から朝の6:00まではWi-Fiは使えないようにしてあります(この記事)。

夜中に親に隠れて友達との通信はさせません。子供も分かっているのでここは諦めていますw

2:キッズモードがないデバイスではセキュリティソフトを使用する・・・フィルタリングはカスペルスキーで管理しています。しっかりしたセキュリティソフトを使用することで完璧にフィルタリングできます。

仮にカスペルスキーの場合は小中学生用でフィルタリング後にAmazonに接続するとブロックします。このサイトを除外リストととして登録することもできますし、子供が接続するにはパスワードが必要になります(参考記事

あなたは子供の持っているスマホやタブレットをどんな設定にしていますか?

特に女の子のお子さんがいる方は一度見直したほうが良いと思います。

スポンサーリンク