「MKV」や「MP4」をAVCHD形式に変換する方法

「AVCHDCoder」は、MKV・M2TS・MTS・TS・MP4・AVI・Blu-ray形式の動画を、AVCHD形式にオーサリングして変換できるソフトです。

変換後はDVDやBlu-rayにライティングソフトを使用して書き込むことで、AVCHD対応機器で再生可能なメディアを作成することができます。

使い方は公式サイトで説明されていますが、こちらでも簡単に説明しておきます。

AVCHDCoderの設定

(1)AVCHDCoderから「AVCHDCoder 14.08.08」とJavaをダウンロードします。

AVCHDCoder ⇒ http://tools.twanwintjes.nl/index.php?page=avchdcoder

java ⇒ https://www.java.com/ja/

(2)Net framework 2.0を有効化します。
(コントロールパネル>プログラムのアンインストール>Windowsの機能の有効化または無効化>.Net framework 2.0にチェックをいれます)

(3)最初に32bit、あとから64bitの順番で設定していきますので、C:\Program Files (x86)\AVCHDCoderの「AVCHDCoder.exe」を実行してAVCHDCoderを起動します。※ファイアーウォールの表示が出た場合は許可してください。

(4) C:\Program Files (x86)\AVCHDCoder\Installation Tool内にある、下記の3つをデフォルト設定でインストールします。

(5)AVCHDCoderの Options>FfdshowSettingを開き、デコーダーを下記画像のように設定>SaveSetting>LoadSettingの順にクリックします。

(6)AVCHDCoderのTools>Decoder Testerでテストします。(すべて緑色になればOK)

これで32bitの設定は終わりです。

続いて64bitの方が効率がよいので、64bitの設定も終わらせます。

(7)64bit用のjavaをインストールしてから、C:\Program Files (x86)\AVCHDCoderの中にある「AVCHDCoder 64bit.exe」を実行します。※AVCHDCoderは64bitのJREが必要なため別途インストール

■Java 64bit(Windows オフライン64bit) ⇒ https://www.java.com/ja/download/manual.jsp

⑧C:\Program Files (x86)\AVCHDCoder\Installationの中にあるToolsavisynth64_install.cmdを管理者権限で実行、ffdshowx64のインストール、haaliの上書きインストールします。

(9)32bitの設定と同様にOptions>FfdshowSettingの設定をしてから、Tools>Decoder Testerをしてください。

(10)Options>Settingsで64bitモードを有効にしてセーブします。

(11)下記からdBpowerAMPをインストール後にOptions>Settings>Miscを開き、dBpowerAMPの中にあるCoreConverter.exeを割当てます。

dBpowerAMP ⇒ https://www.videohelp.com/software/dBpowerAMP

これで設定は終了です。

AVCHDCoderの使い方

(1)動画のファイル、又は、Blu-rayのBDMVフォルダを読み込みます。

(2)「+Add」をクリック。

(3)書き込む予定のメディアを選択後にタイトルを入力>フォルダ or ISOファイルの選択して、保存先を指定(自動)>動画を複数追加したい場合(=まとめてオーサリングしたい場合)は、Inputに戻り追加を繰り返します>Add to Queueをクリック。

複数の動画を追加した場合は、下記の画像ように指定したメディアに合わせて容量が減ります。(オレンジ色がなくなっていきます)

(4)右の大きい「変換マーク」をクリック。

(5)オーサリングが終わるまで待ちます。(Option>CPUから負荷をあげることで多少速くなります))

(6)下記のように表示されたら終了です。

初期設定は少々面倒かもしれませんが、一度設定してしまえば使い方は簡単なので使ってみてください。

以上です。

スポンサーリンク