GIMP パスツールの使い方(初心者向け)

GIMPでパスツールの使い方について説明していきます。

パスツールは曲線(ベジェ曲線)を引くことが出来るツールで、ちゃちゃっと選択範囲を確定して削除したり、確定後に色を塗ったりと色々と使える必須ツールです(Photoshopでも必須ですよね)

はじめて使用すると意味不明なツールに感じると思いますので超基本から説明します。
理解してもらえるかは微妙ですが、とりあえず下記の通り進めてみて下さい。

画像はクリックで拡大しますので見にくい場合は拡大して確認してください。

まずはグリッド(目安になる線)の色目を設定しますのでメニューにある編集>設定>グリッドを選択。描画色の色をd5d5d5として幅と高さを20ピクセルにします。

ファイル>新しい画像をクリックしてサイズ640×400でOKをクリック。

下記の画面が開きますので「グリッドの表示」と「グリッドにスナップ」にチェックをいれます。

準備が出来たのでパスツールを選択し、始点①で左クリックしたまま②まで引っ張り離します。(右に4マス、上に2マス)

再度、①で左クリックしたまま②まで引っ張ります(右に4マス、下に2マス)

これを繰り返すことで下記のようになりますので終点でShiftキーを押しながらクリック。こういった線をいくつか書いてみてください。間違えた場合はCtrl+zで戻れます。

なんとなく綺麗にパスが書けたと思いますので次に青色で囲った『アンカー』をクリックしてみてください。アンカーから2本出ている線を左でクリックしたまま動かすと角度を調整することが出来ます。

直線にも戻せますね。

実践していきますので、下記の画像をダウンロードしてファイル>開くから読み込んでください。

パスツールに持ち替えて、『円の外側』を囲んでください。

アンカーを沢山使えば綺麗に囲めますが修整の仕方も書きますので、ここで神経質になる必要はありません。

下記のような感じで囲んでいきます。

始点と終点の結合は『Ctrl+クリック』です。

次に、このままパスツールで修整しますのでパスツールのアイコンをダブルクリックしてパネル部分に表示された編集を選択「編集モード」にします。これで、アンカーを好きなところに追加できるので修正したい箇所にアンカーを追加して順番に直していきます。※参考までに沢山アンカーポイントを打っていますが、打ちすぎると修正しにくいですよ。

修正したい場合は作成モードに変更してアンカーポイントをクリック。

最後に選択範囲に変更するなりで好きなようにできます。

ちなみにこれを覚えておくとPhotoshopでも使えますよ(多少、違うところもありますが)。

パスの使い方はこれでOK?

スポンサーリンク