PR-400KIにバッファローの「WZR‐1750DHP2」を接続してみた。

PR-400KI(SC-40NE)を設置していますが、なんせ電波が弱い!ので「WZR‐1750DHP2」に変更しました。

どれくらい弱かったかというと、2階の部屋やお風呂、寝室でスマホを使おうとしても・・・ぎりぎり使えるかどうかのレベルでした。

あまりにも弱いのでスマートフォンで受信感度を計測してみると・・・

WS000003

ルーターの近くでも65Mbps・・・遅い上に細い・・・
※設定は20HZから40Hzのデュアルチャンネルに変更して使用していますが、どうにもなりませんでした。

PR-400KIは光電話にも使用しているので改善する方法は「NTT」にPR‐500KIの交換をお願いするしかなく交換費用も10000円弱と高額・・・になります。PR-500KIは11ac(次世代規格)にも対応してるので交換したいけど、もったいない気もしました。

それで実家に余っていたバッファローの無線LAN親機「WZR‐1750DHP2」を PR-400KI に設置しました。こちらの無線親機の方が高額になりますが・・・ありましたのでw

スポンサーリンク

設置の仕方

まずはPR-400KIのLAN機能を止めます。

PR-400KIの初期化ボタンを押してから「http://192.168.1.1」>設定ウィザードで「インターネット接続先を指定しない」を設定(これでWeb機能は止まりますが電話生きます)、再度電源を落とします。

下記画像のように未接続にして下さい。※設定に不安がある方はスクリーンショットですべて撮影してから下記のように削除します

またバッファローの接続が不安な方は、削除する前に一度下記の要領で接続してしまいます。この場合、PR-400KIとバッファローの親機のSSIDが表示されることになり接続が不安定になりますが、そのあとでPR-400KIの設定ウィザードで「インターネット接続先を指定しない」を設定してあげるとバッファローのみ生きます。

設置方法

まずは電源を切った状態で配線します(下記画像)

①PR400KI側のSC-40NEのカードを抜き、下記のように設置します。

②PR400KI側のLAN1とWZR‐1750DHP2の青色の差込口(INTERNET)を接続します(下記画像ではオレンジ枠)上のスイッチは「AP」

③WZR‐1750DHP2のLAN1とPCを接続(有線接続する場合)します。無線の場合は不要。

WZR‐1750DHP2の切り替えスイッチはAPを選択します

電話回線はもとのままでOKです。

配線が終わったら下記の手順を行います。

  1. PR400KIの電源をいれます
  2. 上記画像のように設置してあるか確認します
  3. WZR‐1750DHP2の電源をいれます。
  4. 2分待ちます

下記のように点滅されたらOKです。

後は無線親機の設定です。

「http://192.168.11.1」に接続すると、バッファロー親機のログイン画面が開くのでログインします※初期設定の場合はユーザー名「admin」パスワード「password」です

screenshot_20160201_220712

自動で設定されると思いますが、もし「Internet回線判別中」と表示された場合は、契約プロバイダーの資料を片手に必要事項を入力して下さい。

基本的には、下記の入力で接続できるようになります。

  • 接続先ユーザー名
  • 接続先パスワード
  • DNSサーバーアドレス

無線親機の変更後、古いスマホ/11nで計測したところ150Mbpsでした(それでもSC-400NEの時の2倍の速度)

Zenfone2の場合は11acに対応しているので、設定後速度が5~6倍になり350mbpsを超えてました。(wi-fiの規格は持っているスマホ次第なので自分で確認して下さい)

(最高450mbpsを記録)

WS000002

ただし、PCの場合は無線LANカードが802.11b/g/nのみの対応だとあまり恩恵を受けることが出来ません。

そのあたりはこちらを参考にして下さい(少しだけ無線親機にも触れています)

Wi-Fi環境を快適にする!ノートパソコン無線LANカード換装のすすめ

スポンサーリンク