PR-400KIにバッファローの「WZR‐1750DHP2」を接続してみた。

PR-400KI(SC-40NE)を設置していますが、何せ電波が弱い・・・

どれくらい弱いかをスマホで計測してみた結果は・・・

ルーターの近くでも65Mbps・・・もう話になりませんね。

そう問題外です。

※一応設定は20HZから40Hzのデュアルチャンネルに変更して使用していますが、ルーターの性能の限界なのでどうにもなりません

私の家では光電話も契約しているので、PR-400KIはそのまま電話で使用。ネット回線のみ別のルーターを使用するのがベストと判断。

使用するルーターはどれでもよかったのですが、実家に余っていたバッファローの無線LAN親機「WZR‐1750DHP2」を設置することにしました。

11ac(5GHz) 1300Mbps / 11n,g,b(2.4GHz) 450Mbpsなので、まぁそこそこのルーターです。

※2018年現在おススメはしませんし新しいのを買った方がいい。DDNSも今どきのには対応していませんし…

設置の仕方

この記事を読んでいるということは、「設置に技術的に不安がある」または「どのルーターを買おうか悩んでいる」のどちらかだと思いますが、難しく考えすぎないでください。

誰でもできますので…(ちなみに私も設置するまではビビっていました)

ただ今はWi-Fiの電波も送受信の速度も良くなり、もっと早くやっておけば良かったと思っています。コマンドプロンプトで現在の送受信を確認(netsh wlan show interface)

なので一番簡単な方法を書いておきます。

もちろん2重ルーターにもなっていませんよ。(tracert yahoo.co.jp)

「設置方法」

電源を切った状態で配線します(このあたりは一応書いておきますが説明書通りつなげてください)

①PR400KI側のLAN1とWZR‐1750DHP2の青色の差し込み口(INTERNET)を接続します。(下記画像ではオレンジ枠)上のスイッチは「AP」※切替えスイッチはAP、モードはオレンジ色=『自動』に設定

②WZR‐1750DHP2のLAN1とPCを接続(有線接続する場合)します(無線の場合は不要)

まぁ新しいルーターの場合は説明書通り設置すれば問題ありません。

直観でいけます(無責任w

確認できたら、PR-400KIのLAN機能を停止します。

①有線でNTTのルーターに接続して設定にアクセス(http://192.168.1.1)

②設定ウィザードで「インターネット接続先を指定しない」を設定して再起動(これでWeb機能は止まりますが電話生きます)

③NTTの無線LANカードは外します。

おしまいです。

文字にすると難しくなりますが…本当に簡単です。

ルーター変更後、Zenfone2(11acに対応)で計測したところ350mbpsを超えていました。(wi-fiの規格は持っているスマホ次第なので自分で確認してください)

(最高450mbpsを記録)

ただし、PCの場合は無線LANカードが802.11b/g/nのみの対応だと余り恩恵を受けることができません。そのあたりはこちらを参考にしてください(少しだけ無線親機にも触れています)

参考記事⇒Wi-Fi環境を快適にする!ノートパソコン無線LANカード換装のすすめ

以上です。

スポンサーリンク