暗号化ソフト「Cloudfogger」の使い方

更新:Cloudfoggerはなくなりましたが、代替として「Boxcryptor」をおしています

⇒ クラウドストレージのための暗号化ソフト「Boxcryptor」の使い方

Androidの方はこちら

⇒ Android ファイル暗号化「Boxcryptor」の使い方

「Cloudfogger」は、クラウドストレージ(オンラインストレージ)に対応した暗号化ソフトです。クラウドに対応しているだけで、普通にローカルのファイルも暗号化できますので使い道は広いと思います。
実はこれ数年前に使用していましたが、2ちゃんねるで「会社が無くなった」とか・・・変な書き込みがあったので使うのをやめて「Boxcryptor」に移行した経緯があります。でも、いまだに更新されていますので嘘だったんですね(苦笑)。

ちなみにWindows10でもしっかり動作してくれました。

スポンサーリンク

インストールの手順

「Cloudfogger」⇒ https://www.cloudfogger.com/en/

1:ダウンロードした「Cloudfogger_Setup.exe」をダブルクリック。

screenshot_20160511_212112

2:「Advanced Settings」を選択

screenshot_20160511_211402

3:「I accept the agreement」を選択

screenshot_20160511_211420

4:インストール先を指定して「Next」

screenshot_20160511_211442

5:「Next」

screenshot_20160511_211502

6:「Install」

screenshot_20160511_211521

7:「Finish」

screenshot_20160511_211546

8:「Next」

●Create a free account and use all features・・・初めて使用する場合はコレを選択してアカウントを作成します(無料)

○Sign in an existing account・・・既存のアカウントでログインする場合

○Create encryption keys for this computer only・・・PCの暗号化キーを作成する場合

screenshot_20160511_211619

9:「Next」

screenshot_20160511_214310

10:Next(デフォルトでどちらにも☑あり)

☑ Allow password recovery by e-mail(recommended)・・・メールで復合を許可する(推奨)

☑ Save my Clouldfogger-key and a emergency-decryption-app on my local computer(With this emergency app you are able to decrypt your files at anytime and without the clouldfogger service)・・・緊急アプリでClouldfoggerなしでも復合できるようにする

screenshot_20160511_214445

11:Save your personal emergency decryption tool(緊急復号化ツールの保存先を指定)

screenshot_20160511_220122

12:ここは自由に設定して下さい。

Please select the folders you want to protect with Cloudfogger.Files you seve in this location automatically will be encrypted.(暗号化したいフォルダを選択して下さい)

(You can encrypt the whole cloudservice folder, a subfolder within the service or any local folder)(任意のローカル/サブフォルダを暗号化することが出来ます)

下記のようにOneDriveに☑をつけて暗号化することも可能ですし、ローカルに暗号化フォルダを作ることも可能です。(Protect another folder)

screenshot_20160511_223016

13:「Next」

共有の設定です。共有したい相手のメールアドレスを追加します。

screenshot_20160511_223508

14:「Finish」

screenshot_20160511_224803

暗号化と復号の手順

暗号化の手順

インストールが終わり起動させると下記の画面になります。右の5つのマークは先ほど設定した部分になります。

screenshot_20160511_225524

仮にDropboxで暗号化する場合はソフトをインストールします。
⇒ https://www.dropbox.com/install?src=login

「Unprotected cloud services found」を選択>Protect another folder>Dropboxをインストールしたフォルダを選択して追加します(下記画像)

これでDropboxが暗号化されます。

screenshot_20160511_231928

Dropboxで確認するとこんな感じになっていると思います(拡張子:cfog)

screenshot_20160511_233128

GoogleDriveにしても同じ手順で暗号化できます⇒ https://tools.google.com/dlpage/drive?hl=ja

また暗号化をまとめて解除したい場合はクラウドの☑を外すだけです。単独で解除する場合は下記で説明します。

ローカルストレージに保存してある個別ファイルも暗号化することが可能です。

ファイルを選択してコンテキストメニューを開き「Fogg files」で暗号化、「Defogg files」で復号です(暗号化されたフォルダ内の一部だけ復号することも可能です)

screenshot_20160511_233842

それと「普段は使わないよ」って場合は、スタートで起動しないように☑外しておいた方が良いかもしれません。

screenshot_20160511_235736

以上です。

スポンサーリンク