WordPressの画像圧縮プラグイン「Compress JPEG & PNG images」の使い方

昨日、テーマをCocoonに変更しました。

最近、徐々に落ちているページビューを何とか改善できたらいいなと思ったのが理由です。

これまでSimplicityを使っていたので、最適化しても「PageSpeed Insights」のモバイル/パソコン表示での最適化(速度)の点数は85点くらいでした。

これがCocoonに変更して画像を最適化することで平均98点くらいに上がりました。

私の環境ではCocoonに変更しただけではパソコンで80点ほど。

画像最適化するまでは、これまでよりも点数が低い結果になりました。

私の環境ではCocoonに変更しただけではパソコンで80点ほど。

画像の最適化をするまでは、これまでよりも点数が低い結果になりました。

念のため、画像の最適化を意識して作業、WordPressのプラグイン「EWWW Image Optimizer」を使っていたのですが、仕様が変わり画像を高圧縮するためには有料のAPI(0.3円/枚)が必要。

このブログではサイズ別に合計97442個の画像が作られているため、全ての画像を最適化しようと思ったら約30,000円の費用がかかることになります。

払いたくありません…

だって…本文で使用しているのは、ほぼオリジナルサイズのみを使用していて、自動で生成された(大・中・小の)サイズは使用していませんし純粋に自分がアップロードした画像数は8616枚だけです。

何とかしなければいけませんね。

スポンサーリンク

画像圧縮プラグイン「Compress JPEG & PNG images」で対策する

ということで「EWWW Image Optimizer」はPageSpeedには関係ないので、そのまま併用することにして、あたらしくプラグイン「Compress JPEG & PNG images」を追加して2段構えにすることにしました。

ただし「Compress JPEG & PNG images」は無料で高圧縮できるものの、毎月500枚までの制限があります。有料版にすれば当然制限はなくなりますが、それは私の中では考えられません・・・

地道にこれまでアップロードした画像8616枚を、時間をかけて少しずつ最適化する道を選びました。

無料版(通常版)では最適化500枚を超えると下記のようにアカウントのアップグレードを求められます。ここでクレジットカードを入力することで制限が解除されます。

逆に言えば、支払方法を入力してアカウントをアップグレードしない限り、500枚を超えた段階で画像の最適化は停止されます。(無理やり最適化ボタンをクリックしても下記の画像のように表示され最適化できません)なので、お金の面では安心して使うことができます。

時間はかかりますが、毎月500枚ずつ最適化していって1年半後には完全に最適化されている予定です。「EWWW Image Optimizer」でもロスレス圧縮されているので、問題にはなりません。

Compress JPEG & PNG imagesの使い方

インストールや使い方は下記の通りです。

まずはダッシュボード>プラグイン>新規追加>「Compress JPEG & PNG images」で検索、有効化をクリックします。

続いてプラグイン>「Compress JPEG & PNG images」のSettingsを開きます。ここで圧縮する画像サイズを指定します。サムネイル画像を圧縮したい場合はThumbnailのサイズを指定してチェック。本文に大・中・小で画像を埋め込んでいる場合は「Large~Medium」で指定します。私の場合はオリジナルサイズにチェックを入れて、毎回サイズを指定しているので「Originail image」にチェック、設定を保存します。

最後にダッシュボード>メディア>Bulk Optimizationで圧縮をスタートします。

説明した通りですが、この設定ではサムネイル画像は圧縮していません(枚数節約のため)。

なので「PageSpeed Insights」で点数が上がらない可能性もあります。その場合はPageSpeed Insights下部にある「最適化についての提案」から、zipファイルをダウンロードして差し替えて下さい。

以上です。

スポンサーリンク