通信速度アップ!DNSサーバー変更の手順

DNSサーバーを変更することでブラウジングの高速化(通信速度をアップ)、セキュリティの向上などが期待できます。

有名どころのDNSサーバーは速度が速いと「Google Public DNS=8.8.8.8/8.8.4.4」や「Cloudflare=1.1.1.1/1.0.0.1」。セキュリティの向上を目指すなら、「Norton ConnectSafe Family=199.85.126.10/199.85.127.10」や「Comodo Secure=8.26.56.26/8.20.247.20」になります。

Dns Jumper

フリーソフト「Dns Jumper」を使用すると、簡単に最速のDNSサーバーに変更することができます。

手順としては「最速DNS」をクリック。

私の環境ではGoogle Public DNSは最速と表示されましたので「適用」をクリック。

これだけです。

Windowsで設定する手順

1:コントロールパネル>ネットワークとインターネットをクリックします。

kuukk

2:ネットワークに接続をクリック。

kkukku

3:設定が立ち上がりますのでイーサネットの「アダプターのオプションを変更する」をクリック。

hghttn

4:ローカルエリア接続を右クリックしプロバディを選択します。

ghgfd

5:インターネットプロトコルバージョン(TCP/IPv4)をダブルクリック。もしくはプロバディをクリック。

jgyt

6:下記の画面が立ち上がるので「次のDNSのアドレスを使う」を選択してから「namebench」調べたサーバーアドレスを入力します。

WS000006

「終了時に設定を検証する」にチェックをしてからOKを選択します。

これで終了です。

スポンサーリンク