Windows10とLinuxのデュアルブート環境を構築したのでメモ

先日から古いノートパソコン(Core2Duo+SSD)にインストールして遊んでいたのですが、思っていた以上に楽しかったので、メインのノートパソコンでWindows10とLinux Mintのデュアルブート環境を構築することにしました。※デュアルブートとは2つのOSをインストールして、PC起動時にOSを選択して起動できることです

デュアルブートにした理由は、いちいち古いPCを立ち上げるのが面倒だった・・・からです。
ただMintのUSBメモリは古いPC用に以前作った32Bitのものでしたが・・・作りなおすのが面倒だったのでWinodws10(64bit)、Mint(32bit)になりました(苦笑

デュアルブート環境を構築する手順はとっても簡単なのですが、一応メモっておきますね(あくまでも私流ですが間違っていないと思います)

私のノートパソコンには、SSDと内臓の光学ドライブを外してHDDを取り付けてあります(内臓の光学ドライブを外してSSD/HDDに置き換える手順

今回はHDDの半分にLinux OSをインストールして、残りは、そのままWindowsのDドライブとして使用することにしました。もともとHDDのファイルシステムはNTFSですがLinuxをインストールする部分は予めFAT32で書き直しました(パーティション変更はminitoolを使用

※説明不足かもしれないので追記するとMinitoolを起動し、Move/resizeで既存のドライブを縮小>空き容量の部分でcreateをクリックしてFAT32で新しいドライブを作成

次にLinux MintのインストールUSBを使用してMintを起動します(USBメモリを使用して起動&インストールする手順

上記の手順を踏まえてLinuxをWindows10とは別にインストールを選択します。

ドライブには変更したFAT32が選択されます(一応目視で確認してくださいね)

「続ける」をクリックしてインストールします。

再起動するとOSの選択画面が表示されるようになりますので起動したいOSを選択して起動します。

これでWindowsでもLinuxでも1台のPCで遊べますね。

今日は、以上です。

スポンサーリンク