Windows10 データをDVD-Rに書き込む手順

Windows10でDVD-Rなどの記憶メディアにデータを書き込む手順です。

今回は一般的なWIndows10での書き込み方法&Windows Media playerを使用した昔からの書き込み方法の2パターンを書いておきます。

まずDVDドライブに書き込み可能なディスクを挿入して下さい。

USBドライブのようにパソコンと同じ形式で書き込むのであれば「USBフラッシュドライブと同じように使用する」を選択します。この場合は表題のとおりドラッグ&ドロップで移動するだけでコピーできますが、パソコン以外のメディアプレイヤーでは再生できません。扱いとして外付けUSBドライブと同じです。

「CD/DVDプレーヤーで使用する」を選択すると、ほとんどのパソコンで再生できますが書き込んだファイルは削除することができません。家族の写真などのデータとして保存しておく時はこちらを選択すると良いと思います。

Windows10のエクスプローラで書き込む方法としては、書き込みたいファイルを右クリックでコンテキストメニュー>送る>DVDドライブを選択します(画像参照) or ドラッグ&ドロップでもOK

※画像はクリックで拡大します

書き込む準備が出来ると下記のように表示されます(USBフラッシュドライブに書き込むを選択した場合、このようには表示されません)

書き込む準備ができたら左のDVDドライブを一度クリック後に、管理タブをクリックします。

管理画面が開いたら「書き込みを完了する」をクリック。

書き込み速度とファイル名選択画面が開きますので、特に変更する必要がなければ「次へ」を選択します。

ディスクの書き込みが終わるまで待って終了です。

これがWindows10での書き込み方法なのですが、分かりにくいですよね?

写真などのデータディスクを作成する場合は、Windows Media playerを使用した方が簡単です。

まずディスクに書き込みたい写真を、ピクチャのフォルダに移動します。

書き込み用のディスクをパソコンに挿入してから、Windows Media Player12を開いてください。(スタートボタン>Windowsアクセサリの中にあります)。

Windows Media Playerの画像フォルダに、先程移動した写真が読み込まれますので右上にある「書き込み」をクリック。

書き込みディスクを「オーディオCD」から「データCDまたはDVD」に変更します※データCDまたはDVDを選択した場合=音楽/画像/動画をすべてのパソコン+一部AV機器で再生可

続いて、書き込みたい写真をドラッグ&ドロップで「書き込みリスト」に移動します(Ctrl+Aで全選択あとにドラッグ&ドロップ)

ディスク容量をオーバーしないように移動したら「書き込み開始」をクリックします。

書き込み終了まで待っておしまいです。

最後に注意点として動画データの場合は、基本的にオーサリングしてから書き込まないと、一般的なDVDプレイヤーでは再生できません。なので無料のオーサリング専用ソフトを使用して書き込める形式に変換したい場合は『動画をオーサリングしてDVDに書き込む方法』や『動画をBlu-rayのディスクに書き込めるようにオーサーリングする方法』を参考にしてみて下さい。個人的な見解になりますが無料のものはエラーになりやすいので、よくDVDに書き込まれる方は有料のソフトを使用することをおすすめします(時間短縮)

以上です。

スポンサーリンク