メールにファイルを添付したいけどサイズが大きくて困った時の対処法

メールに画像など沢山添付して大容量のファイル(1GB以上)を送ってくる方もいますが、
送信側にも受信側のサーバーにも負荷がかかりますので迷惑ですよね。

またzipファイルに圧縮して送ってくる方もいますが、それも容量が大きいと困ります。

ではどうしたらいいのか?
すぐに思いつくのは下記の3つです。

    • 無理矢理、ファイルを圧縮(縮小)して添付する
    • ファイル転送サービスを使用しURLを添付する
    • オンラインストレージ(Googleドライブ・OneDrive・Dropboxなど)の共有でURLを添付する
スポンサーリンク

無理矢理、ファイルを圧縮(縮小)してメールに添付する

とにかくファイルのサイズを小さくして添付したい時は下記のWebサービスを利用して圧縮して下さい。自分でやるよりも綺麗にできます。

圧縮とは

「ファイルの圧縮」とは文字通り、記録されている情報を失わずに、ファイルのデータサイズを小さくすることです。 圧縮したファイルは「解凍」(伸張、展開とも呼ぶ)することで、もとのファイルに戻すことができます。 ファイルをメールに添付して送る場合のマナーの1つでもあります。

出典:ファイルの圧縮方法

■TinyPNG (画像劣化なしでJPEG画像を50~80%圧縮、PNG画像は40〜60%で圧縮してくれるWebサービスです)⇒https://tinypng.com/

image-18-mobile

■Smallpdf (PDFファイルを圧縮してくれるウェブサービスです。パスワードを設定することも可能です)⇒https://smallpdf.com/jp/compress-pdf

image-19-mobile

これでも大きい場合は下記のファイル転送サービスかクラウドを利用した方が良いと思います。

ファイル転送サービス一覧

ファイル転送サービスでダウンロード用のURLを取得して、メールに貼り付けます。

ドラッグ&ドロップに対応していますので、楽です。

■Bitsend (保存容量無制限、同時アップロードファイル数無制限、保存期間は最大14日間、パスワードも可能です)⇒https://bitsend.jp/

image-20-mobile

■GigaFile (1ファイル75Gまで、ファイル保存期間7日or14日)⇒http://gigafile.nu/

image-23-mobile

■宅ふぁいる便 (10ファイル合計300MBまで、ファイル保存期間3日) ⇒https://www.filesend.to/

image-21-mobile

■firestorage(1ファイル250MBまでで一度にアップロードできるファイルは20個まで。ファイル保存期間最長7日、もしくは指定なし)⇒http://firestorage.jp/

image-22-mobile

クラウドのサービスを利用する場合に気をつけること

基本的にクラウドの共有ではパスワードかけることはできないので、パスワードが必要な場合は予め「7zip」や「Win RAR」などで圧縮時にパスワードをかけてからクラウドにアップロードしましょう。

Googleドライブを使用する場合は「Googleドライブの共有の仕方」を参考にして下さい。

どのオンラインストレージもリンクの取得は簡単です。

image-35

Oneドライブの場合は送りたいファイルをアップロードしたのち「共有」から

image-31

リンクを取得することが出来ますので取得したリンクをメールに張り付けます。

image-32

当然ですがzipファイルのパスワードもメールに記載しておきます。

Dropboxも同様で共有からリンクを取得するだけです。

image-34

私の場合、以前はファイル転送サービスを使用していましたが、今はクラウドストレージの方を多用しています。

スポンサーリンク