クラウドへのアップロードが驚異的に捗る「File & Image Uploader」

「File & Image Uploader」は700以上のサーバー(動画サイト、画像サイト)や、大手のクラウドストレージ(Dropbox、Googleドライブ)にも対応したアップロード専用ソフトです。※rapidgatorといった海外アップローダーにも対応しています(要プレアカ)

クラウドストレージの複数アカウントを所持している方でも簡単アカウントを切り替えてアップロードすることができますし、そもそもの速度自体も速いです。また各サイトの制限(例えば1つのファイルのサイズ制限)などにも対応できます。

アップロードソフトはコレと言っても差し支えないくらい便利なソフトなので一度使ってみてください。ただフリー版での同時アップロードは8つまでで一日の最大アップロード容量は10GBまでです(けっこう十分だったりします)

スポンサーリンク

「File & Image Uploader」のインストール&使い方

「File & Image Uploader」⇒ http://z-o-o-m.eu/down.htm

下記をクリックして「FileUploader.exe」を実行します。

起動後に下記の画面が表示されますが「Do not show again」にチェックをして「OK」をクリックします(続いて承諾書もOK)

日本語に変更するために「Language」>「日本語」をクリックします。

アップロードするために使用する全てのアカウントを登録しますので「設定」>「ファイルホスト」をクリック。

Hostをクリックして任意のサイトを選択>Hostに接続するためのアカウントを入力>Add/Editをクリック>ブラウザが開きサイトに接続されますので認証を終わらせます。

アカウント認証を終わらせると下記のように「Yes」「No 」で表示されます。

下記のようにGoogleドライブで2つのアカウントを登録した場合は、使用したいアカウントをクリックして選択後に「使用アカウント」をクリックすることで変更できます。

アップロード制限があるサイトでは、分割するファイルサイズを指定し実行ファイルを設定します

コンテキストメニュー(右クリックで表示されるところ)に「File & Image Uploaderに送る」を追加することも出来ます。※Shell context menu>作成>Create>OK

ここまで設定したらアップロードしてみてください。

+マークからファイル/フォルダを呼び出すか、ドラッグ&ドロップで読み込むことが出来ます。

アカウント認証を済ませたホストを選択>File(画像のみのところはImages)>分割などをチェックして「✅」をクリック。

これでアップロードが始まります。

アップロードに特化しているソフトなので、いろいろ捗りますよ。

面倒なのは最初のアカウント認証くらいですね。

以上です。

スポンサーリンク