フリーソフトをインストールする時に気を付けるべきこと

嫁のパソコンを借りた時に、誰が見ても不要なソフトがインストールされていました。
フリーソフトをインストールする際に推奨設定にしているそうです。
「なんでカスタマイズでインストールしないの?」と聞くと、カスタマイズだと「どれが必要で、どれが不要なのか分からないから」と。。。

慣れている人はフリーソフトはカスタマイズでインストール、それも嫌な人はポータブル版を使用しますよね。
だけど私の嫁のように仕事以外でパソコンを使わない人は兎に角「推奨」らしいです。
ただし、推奨でインストールするとアドウェアも一緒にインストールしてしまう場合もありますので注意が必要です。

アドウェアとは?

基本的に広告代理店などの企業が、ユーザーにソフトウェアを提供して使ってもらい、その代価に広告を見させるという様式の物で、感覚的には「駅前で配られる企業名入りティッシュ」や「会社ロゴ入り粗品」などに近い。何らかの利便性や娯楽を提供するものは、日用品としての価値がある粗品程度には「役に立つ」ソフトウェアともいえる。

しかし中には、利便性などは存在せず、「広告を見る事」だけを強要するようなソフトウェアが存在し、さまざまなタイミングで、「下半身を鍛えるグッズ」「脱毛症が治る薬」「痩せるトレーニングキット」などの、多くの人には不用な商品の広告をポップアップ広告で表示するソフトウェアも存在しており、問題になっている。

出典:アドウェア – Wikipedi

もし、フリーソフトの制作者に悪意があった場合、便利に使うつもりがスパイウェア(キーロガー、ハイジャッカー)もインストールされてしまいます。最悪、ランサムウェア・・・も

キーロガーとは?

常駐型のソフトとして別のソフトの使用中に透過的に動作するようになっており、複数の人間が利用するパソコンにこっそり仕掛けてパスワードやクレジットカード番号などを収集するなど、悪用されることが多い。実際、インターネットカフェに仕掛けられたキーロガープログラムにより、ネットバンキングのパスワードが盗まれ、知らないうちに口座から現金が引き出されるといった被害が発生している。

出典:キーロガーとは|key logger – 意味/定義 : IT用語辞典

先日、キーロガーフリーソフトで検索されて来てくれた方もいたようなのでおいておきます。

キーロガー対策ができる無料のフリーソフトSpyShelter Free Anti-Keyloggerはここからダウンロードできます ⇒ https://www.spyshelter.com/

プラウザハイジャッカーとは?

ブラウザの設定の改変や、不正な機能の追加によって、ユーザーの望まない広告画面を強制的に表示するといった動作を引き起こす悪質なソフトウェアを、「ブラウザ・ハイジャッカー」と言います。
「ブラウザ・ハイジャッカー」によって乗っ取られたブラウザには、次のような症状が現れます。

  • インストールしたつもりのないツールバーが追加される
  • ブラウザを起動した時、最初に表示されるページが変更される
  • 広告や身に覚えの無いウェブサイトのページが勝手に開く(ポップアップする)
  • ウェブページの閲覧中に、有害なウェブサイトへ誘導される

出典:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

ではどうしたらいいのか?

こうならないようにセキュリティソフトを使用して各々対策する必要があります。例えば私が使用しているカスペルスキーやESETはソフトインストール後に、インストール変更を許可するか選択できます(HIPS機能)。また、無料のセキュリティソフトを使用していても非常駐型のセキュリティソフトやスパイボットと組み合わせることで対策できます。

HIPSのついているセキュリティソフトは下記の画像のように変更するか聞いてきますので間違えなくなります(下記の画像はカスペルスキー)

screenshot_20160422_192550

それでも、間違ってしまった場合は、PC標準機能のバックアップでインストール前の状態に戻す。非常駐型のセキュリティソフト(マルウェア用)を試すなど・・・

非常駐型アンチウイルスソフトを使用してマルウェアを駆除してみた ⇒ https://freepc.jp/maru

スポンサーリンク