「GIMP」で画像を切り抜いて背景を透明にする手順。初心者向け

仕事で画像の不要な部分切り抜いて背景を透明化する必要があったので無料の画像編集ツール「GIMP」を使うことにしました。私の認識になりますがGIMPはPhotoshopの無料版(オープンソース)って感じです。

GIMPで画像を切り抜くにあたり、いろいろな切り抜き方を試しましたが、一番簡単だった方法だけメモっておきます。

下記の手順でやってもらえれば初心者でも切り抜き出来ると思います

※私でも出来ましたので・・・

まず下記からGIMPをダウンロードして下さい。
GIMP⇒ https://www.gimp.org/downloads/

ダウンロードはTorrentを使った方法とブラウザでダウンロードする方法が選択できますが、通常はオレンジ色を選択するといいと思います。これで実行ファイル「setup.exe」をダウンロード出来ますのでクリックしてインストールして下さい。

インストールを終えたら、切り抜きたい画像をGIMPで開きます。※ファイルのインポートから開く場合は基本的にKEEPで開きます(色目などを変更したい場合は選択して開く)

作業に入る前に根本になる手順を説明すると、画像を切り抜く前に背景を透明する設定にする>残したい画像を囲んで選択する>選択範囲を反転する>削除。

コレだけです。

今回はレゴの人形を切り抜きます。

切り抜いた部分以外の背景を透明にしたい場合はここで、レイヤー>透明部分>アルファチャンネルの追加をクリックします。背景を白色にしたい時は追加しなくてもOKです

次に画像を拡大します。表示>表示倍率>倍率を選択※倍率が高ければ高いほど正確に切り抜けます。

「自由選択」ツールをダブルクリック>境界をぼかすにチェックをします(切り抜いた画像を滑らかにみせるため)

下記の画像のように境界ギリギリでクリックしていきます。

もし途中で間違ってしまっても、ポイントに合わせた状態で(=黄色になる)右クリックしたままドラッグすることで動かすことができるので安心=すべて囲んだあとでも修正可能。※またはBackでポイント一つ前に戻れます。

切り抜きたい部分を囲み終えたら『Enter』で範囲が指定されます(点線になればOK)。

続いてメニューにある選択>選択範囲の反転をクリック。

キーボードのDeleteをクリックすることで背景が削除されます。(グレーの格子状に表示されているのが透明部分です)

元の表示に直して確認後、ファイル>名前を付けてエクスポートで拡張子を.pngとして保存します。

※保存形式はPNGを選択しないと透明にはなりません。背景式の保存はもともと削除しているのでチェックをつけてもつけなくてもOK

作業履歴はこんな感じ。※作業履歴などはウィンドゥから追加できます

出来上がり。背景が透明なのでドコにでも貼り付けることが可能です。

以上です。

今回、上手に切り抜くことができたら、もう一段階上の技術(パスを使用した切り抜き)を覚えることをオススメします。または知識として「前景抽出選択ツール」の使い方を読んでください。

絶対おすすめ⇒ GIMP パスツールの使い方(初心者向け)

少しおすすめ⇒ GIMP 前景抽出選択ツールの使い方(背景透明で切り抜く)

年賀状に印刷する子供の写真を切り抜いたりするのに使えますね。

スポンサーリンク