無料のウイルス対策ソフト「Immunet」の使い方

色々なウイルス対策ソフトを試したけれどパソコンの動作が遅くなるので困る。
もう少し軽いウイルス対策ソフトを使用したいと考えられている方は、一度「Immunet」を試してみてください。

Immunetは、オープンソースのLinuxのウイルス対策ソフトとして有名な「ClamAV」をベースとして開発された、Windows用のウイルス対策ソフトです。(なのでClamAVエンジンを使用しています)

特徴としては、他のウイルス対策ソフトと比較して「圧倒的にリソースの使用量が少ない」ことがあげられます。※既存の無料ウイルス対策ソフトと比較しても1/35の使用量でフルスキャン時でもリソースをほとんど使用しません

セキュリティの更新プログラムもクラウドで同期されますので、更新時にPCが重くなることはありません。またMcafee AntiVirus/Microsoft Security Essentials/Trend AntiVirus/Kaspersky/Comodoといった、他社のセキュリティソフトと併用して使用することもできます。

当然ですが最新のWindows10 64bit/32bitにも対応しています。

機能としては有料のものと比較すると少ないのですが、Web観覧時のオンラインでのリアルタイム保護(ネット―ワークの保護)、スキャンによる既存ファイルのウイルス検出・除去になります。

必要最低限です。

ちなみに現状のコミュニティ参加者数は2,285,427人で発見された脅威は33,435,925です。

スポンサーリンク

Immunetの使い方

Immunet®は下記からダウンロードできます。

Immunet® ⇒ http://www.immunet.com/index

インストールはデフォルトで進行してください。(下記は左の画像がプログラムの保存先・右の画像がショートカットの作成とスタートアップの登録です=チェックは任意)

スキャンの設定はすべて確認しましたが、特に変更するところは見当たらなかったので、このまま使用でOKです。

最初はフルスキャンがお薦めです。これはリソース使用しない分、どうしても遅くなるのですが他の作業をするなりして気長に待ってください。ちなみにFlash Scanならあっという間に終わります。

今後は実際に起動させても動いているのか判断できないほどですが・・・ウイルスが見つかると削除します=ログで確認可能

Immunet(R)を使ってみて、もっとたくさんの機能が欲しい・・・など、物足りないと感じた場合は有料ソフトのESETがお薦めです(これまで購入した中では一番軽い気がしたので)。

以上です。

スポンサーリンク