有料のVPNサービス「Private Internet Access」って速いの?

「匿名性」「ログの記録を一切残さない=プロバイダの解析不可」が特徴の有料VPNサービス「Private Internet Access」を試してみましたのでメモです。

Private Internet Access ⇒ https://jpn.privateinternetaccess.com/

※P2Pサポートあり、5デバイス同時接続OK、帯域無制限、中国での使用も可能(金盾回避)、データの暗号化

「Private Internet Access」って速いの?

気になるVPNサーバー経由での接続速度をこちらで計測してみると、PING(応答時間):18ms DOWNLOAD:72Mbps  UPLOAD:85Mbpsでした(下記画像)。

VPNサーバーを経由していますので通常接続と比較すると当然遅くなりますが、速度は速い方だと思います。

以前、カスペルスキーのセキュアコネクションを購入した時に、一般的な無料VPNサーバー速度を計測しましたがPING:300msでしたし(反応が相当遅い) ⇒こちらの記事です

■Private Internet Access 日本のVPNサーバー接続時

■香港のVPNサーバー接続時

各国にVPNサーバーが設置されていますので状況に応じてって感じですね(数えた限り24か所)

P2PもOKということで、普通にμTorrentのダウンロードも可能です。

VPN接続していない場合、「Seedersがいない=長い時間接続し続けるのは怖い⇒諦めよう」という流れになると思うのですが、ログを一切保管しないVPNなら安心して待ち続けることが可能ですw

専用VPN接続ソフトは契約後しか使えませんが『コチラ』に「Windows VPN」「macOS」「Liunx」「Chrome拡張」「iOSアプリ」「Android App」と用意されています。仮に「Windows VPN」を使用する場合はインストール後に、接続先を自動、もしくは指定して「接続」をクリックするだけです(下記画像)

また「Windows VPN」のソフトを使用してOSは日本のVPNサーバーに接続(画像:左)、Chrome拡張でアメリカのVPNサーバーに接続するといった、変わった使い方も可能です(下記画像)

価格は、短期契約(1か月ごとの契約)が安いので急に海外出張が決まった方とか、外出先の無料のWi-Fiをよく利用するから暗号化したいとか、理由はそれぞれあるとは思いますが短期的に契約しやすいVPNサービスだと思います(年間契約をする場合は、他社サービスと比較してもそれほど安くありません)。契約解除は下記画像の「サブスクリプションをキャンセルする」だけなので簡単ですし。

5デバイス同時接続が可能なので1契約で家族みんなで使う選択肢もありだと思います※下記はAndroidスマホで接続した画像ですが通常PINGが一番早いサーバーが設定されます(変更可)、データの暗号化形式も選択可能です(デフォルト=AES-128)

私の場合は、ただの趣味で契約しましたが使いやすいですよ。

スポンサーリンク