ESET INTERNET SECURITYがインストールできなかった理由

会社のPCで『カスペルスキー+Photoshop』を使うとメモリが常に3GBを超える状態になったので対応策としてセキュリティソフトを『ESET INTERNET SECURITY』に戻すことにしました。

で、ちゃちゃっとインストールしようと思ったら『競合するウイルス対策ソフトウェアを検出しました』と表示され『Bit Defender』が検出されました。

アンインストールしてから再度実行して下さいとありますが、そもそも『Bit Defender』はインストールしていないのでインストール済のプログラムを見ても表示されません。なので『ESET』の回避策としてサポート情報に書かれてある内容には当てはまりません。

多分、『CCleanerを使って不要なレジストリを削除する』or『Bit Defenderを再インストール後にGeek Uninstallerなどを使って綺麗に削除』すれば解決出来たと思うのですが、どちらも面倒な気がしたので、 レジストリエディタを開いて確認してみることにしました(Windowsロゴキー+R ⇒ regedit)

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWAREを見てみます(⇐ソフトは大体ココ)

なぜか?インストールした記憶がない『Bit Defender』のフォルダがありました・・・いつインストールしたのか本当に記憶がありません(苦笑

まぁ、とりあえずこいつが原因としか考えられないので削除します。

削除後に再度実行すると無事にインストールが開始されました。

コレで終了です。

まぁレアすぎる例なので、誰の参考にもならないと思いますが・・・一応書きました。

では。

スポンサーリンク