VirtualboxにKali Linuxをインストールする手順

Kali Linuxをインストールして使えるようにする手順を書いておきます。
パッケージのアップデートなどで時間がかかりますので、作業は暇なときにすることをオススメします。
『Kali Linuxとは何か?』という説明は文字数がムダに長くなるのでここでは省略。また脆弱(ぜいじゃく)性診断ツールなども別の話なので省略します。

それでも長くなります・・・

PCが余っている人は直接インストールしても構いませんが、ここでは『Virtualbox』を使用して仮想環境下で構築します。
すべての手順をキャプチャ画像として保存しましたが、かなり枚数が多くなったので難しそうなところ以外は省略して文字のみとします。

スポンサーリンク

「Virtualbox」にKali Linuxをインストールする手順

1:Kali LinuxのISOファイルを「公式サイト」からダウンロード。
今回は一番上に表示されている「Kali Linux 64 Bit」を選択(使用しているPCに合わせてください)

2:「Virtualbox」を起動したら「新規」をクリック。
新しい仮想マシンの名前をKali Linux(任意)、タイプはLinux、バージョンをDebian 64bitとします。

3:メモリは任意(環境依存)>仮想ハードディスクを作成する>ハードディスクのタイプはVDI>物理ハードディスクを可変>可変ハードディスクの上限を設定(使用しているストレージに空きがあれば20~30GBに設定)=仮想マシンの作成終了

4:作成した仮想マシンにKali LinuxのISOファイルをマウント。
※設定>ストレージ>ディスクアイコンをクリックしてKali LinuxのISOファイルを選択

5:ネットワークはNAT(使用しているホストOSのネットワーク)、又はブリッジにアダプタを選択※基本NATでOK

6:Kali Linuxを選択して起動をクリック。
「Graphical Install」を選択してEnter。

7:Language Selectは日本語>場所:日本>キーボードの設定も日本>ISOファイルから設定の読み込みが開始されますので待機>ホスト名の設定・ドメイン(未入力でもOK)・ネットワーク名を設定(任意の文字を入力)>任意のパスワードを設定>ディスクのパーティションは「ガイド・ディスク全体を使う」を選択>仮想マシンのディスクが表示されますので、これを選択>パーティションは「すべてのファイルをひとつのパーティションに」を選択>変更の書き込みを選択>ディスクに変更をかきこみますか?を「はい」>インストールが終わるまで待ちます。

8:ネットワークミラーを「はい」>プロキシ情報は記載せずに「続ける」を選択>マスターブートレコーダーにブートローダーをインスト―ルしますか?には「はい」を選択>ブートローダーのインストール先は仮想ディスクを選択(下記画像)>インストールの完了を待ちます>再起動を選択します。

9:再起動後のログイン画面でのユーザー名は「root」※ユーザー登録をしていないため。パスワードは「7」で設定した任意のパスワードを入力しログイン後、ここで一度終了します。

10:この状態にいつでも戻れるように「Virtualbox」のスナップショットを作成します(バックアップです)

インストールは以上です。

Kali Linuxの設定

1:Kali Linuxを起動します

2:インストールされてるパッケージの更新が必要なのでターミナルを開き「apt update」を終わらせてから「apt upgrade」。※途中の続行しますか?には、すべて「Y」を選択。カスペルスキーなどのセキュリティーソフトは一時停止した方がいい場合もあります

3:アップグレード&新規インストールが終わるまで待ちます(時間がかかりますので休憩)。

4:Wireshsharkの非特権ユーザーは任意(いいえ)>Configuring libc6:amd64と表示された場合は「Yes」を選択します。

5:下記の画面が表示されたらアップデートは終了です。

6:アップデート中に不要になったパッケージを「apt autoremove」と入力して削除します。

7:再起動します(rebootと入力してもOK)。

8:再起動後、ターミナルに「apt install virtualbox-guest-x11」と入力して続行(y)。

9:「apt install ibus-anthy」と入力して続行(y)し、終了後に再起動します。

10:起動するとディスプレイの解像度(仮想表示スクリーン)は自動で調整されていると思いますが、そうでない場合は手動で設定してください。※表示>仮想スクリーン

11:GUI画面で「設定」を開きます

12:「地域と言語」の入力ソースで「+」をクリックして日本語(Anthy)を選択します。

これで日本語入力ができるようになります。

Kali Linuxのインストールと設定は以上です。

スポンサーリンク