意外に便利、マウスをキーボードで操作する「KeyMouser」

態勢が悪くてマウスをまで手を伸ばすのが面倒な時、マウスの電池が切れたけど入れ替えるのが面倒な時など「KeyMouser」を使用することでキーボードをマウスとして使用できます。

個人的なことでいうとマウスだと手首が痛い時・・・トラックボールで幾分マシになりましたが・・・まぁ、いろんな状況で使えます。

ちなみに使用環境はWindows10です。

KeyMouser 作者様HP⇒ http://fefnir.com

ダウンロードはこちら⇒ http://ux.getuploader.com/sou2/

ただ・・・「KeyMouser.zip」を解凍すると「カスペルスキー」にひっかかってファイルが開けません。

Image 3

解凍と同時に「KeyMouser.exe」が自動的に隔離されてしまう状況です。

312387913791

とにかく「KeyMouser」を使おうと決めていたので、カスペルスキーの「脅威と信頼リストの設定」から「KeyMouserフォルダ」を信頼リストにいれます。

Image 1

やっと使えるようになりました(なかなか面倒です・・・

Image 6

文字化けする場合はVB6.0ランタイム(SP6推奨) が必要になります。
下記URLよりダウンロードしてください
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/xtrmruntime/

Image 7

起動後は任意のキーに割り当てできるので色々と試して下さい(好みで)。また「KeyMouser」で割り当てたキーは文字より優先になるので、あまり使わないキーを設定するといいと思います。

一度試してみる価値はあると思いますよ。

スポンサーリンク