HDDなどのデータを完全に削除したい時は「MiniTool Drive Wipe」が便利

「MiniTool Drive Wipe」は、IDE、SATA、SCSI、USB外付けディスクなどパソコンで読み込みできる全てのディスクのデータを完全に削除することができるフリーソフトです。

パソコンのデータはゴミ箱にいれて削除しても完全には削除されておらず、復元ソフトなどで簡単に復元出来てしまいますが、「MiniTool Drive Wipe」には、データを削除する方式が全部で5つ用意されており復元不可の削除方式も選択出来ます※米国国防総省準拠方式 DoD5200.28-Mなど

正式な対応OSは、Windows 2000 Professional、Windows XP (32 & 64 bit)、Windows Vista (32 & 64 bit)、Windows 7/8 (32 & 64 bit)と記載されていますが、Windows10でも使用可能です。

例えば、PCの売却&処分する場合など、自分の情報が漏洩しないようにできます。

スポンサーリンク

「MiniTool Drive Wipe」の使い方

「MiniTool Drive Wipe」⇒ http://www.minitool-drivewipe.com/

image-1

下記が起動画面で、Wipe Partitionではパーティションを選択して削除、Wipe Didkはディスクを選択して削除になります(見たまんまです)

image-2

では、Wipe Partitionを使ってパーティションを削除する手順です。

削除したいパーティションを選択します※今回はDisk3のFドライブです

image-1

削除する目的に合わせて削除方式を選択します。

image-3

  • ディスクの全領域に0を書き込む
  • ディスクの全領域に1を書き込む
  • ディスクの全領域に01で書き込む
  • 米国国防総省準拠方式 5220.22-M(ディスクの全領域に固定値+0+乱数で3回書き込む)
  • 米国国防総省準拠方式 5220.28-STD(ディスクの全領域に固定値+0+乱数で7回書き込む)

基本的には米国国防総省準拠方式で削除するとよいと思います(復元不可)

以下「Finish」で削除がはじまります。

ディスク全体を削除する場合も同様で削除したいディスクを選択後に削除方式し「Finish」です。

image-5

使い方は単純ですが、しっかりと削除できますので使ってみてください。

スポンサーリンク