NoBotでアドウェアを駆除する方法

インストール不要・非常駐のアドウェア・マルウェア検査&駆除ソフト「NoBot」の使い方を説明します。

一部ランサムウェア(CrytpoLocker、CrytoWallなど)の駆除にも対応しています。

無料版には制限がありますが、通常スキャンと検出されたウイルスを駆除することができます。

NoBot 1.0.5.1⇒ https://toolslib.net/downloads/viewdownload/302-nobot/

検査は実行ファイルからNoBotを起動、アップデートされたことを確認後に行います。

無料版でできることは下記のみなので設定を変更する必要はありません。
Scan Registry(レジストリのスキャン)
Detect Suspicious File Paths(不審なファイルの検出)
Virus Total Analysis(ウイルスの解析)
Automatic File Submission(ウイルス・疑わしいファイルが見つかったときにファイルを自動で提出する)

カスタム・フルスキャンは有料版のみの機能なので、このまま「Threat Scan=脅威のスキャン」をクリックします。

ウイルス(マルウェア/アドウェア)が検出された場合は、除去したいものにチェックをいれて「Clean Selected」で削除されます。削除後はPCを再起動することをおすすめしますと表示されますので、再起動してください(今回は疑わしいファイルの検出も有効にしたため、Jdownloader2も検出されましたが、これは必要なので無視)

インストール不要で使えるので気軽に検査してみてください。また有料版も検査ソフトの中では比較的安いので試してみるのもありだと思います(1年3台9.99ドル)

以上です。

スポンサーリンク