Windows10home サイドバーに表示される「OneDrive」を非表示にする方法

Windows10 home を使用していますが、エクスプローラのサイドバーにOneDriveが表示されるのが嫌な方のためにOneDriveを非表示にする手順を書いておきます。

OneDrive非表示後は下記の画像のようになりますし、毎度のアップデートでもトラブルは起きませんし、ずっと非表示にできます。また簡単に表示しなおすこともできます。

image-1

スポンサーリンク

手順

1:「Windowsロゴキー+R」を同時に押した後に「regedit」を入力してください。

こんな感じですね。

image-2

2:レジストリエディタが開きます。

image-3

3:「Ctrl+F」を押して検索開き「018D5」or「onedrive」と入力し「次を検索」をクリックします。

image-4

4:下記の画像の場所「System.lsPinnedToNameSpaceTree」をダブルクリックします。

image-5

5:値のデータが「1」になっているので画像のように「0」に変更し「OK」をクリックします

image-6

6:レジストリエディタを閉じて再起動で終了です。※再起動しなくても消えますが・・・

これでWindows10HomeでプリインストールされたOneDriveを非表示にすることができました。

※一度非表示にした後でも同手順で値のデータを「1」に戻すことで下記のように再度表示させることもできます

image-1

OneDriveを非表示にした後は、スタートアップでも停止させておくと安心ですね。

「Ctrl+Alt+Delete」でタスクマネージャーを起動>スタートアップでOneDriveは「無効にする」にしておいて下さい。

image-3

またはOneドライブの保存先を変更して別のドライブにいれておけばWindows7の時と同じように目立たせないで使うことができますね

image-1

以上です。

スポンサーリンク