「今の彼女と元カノどっちが好き?」と聞いてみた結果

今回も少しPCの話題からは離れ、男性にも女性と同じように今の彼女と元カノどっちが好きか聞いてみました。
たいしたお金じゃないけど・・・興味にお金を払うのも悪くないでしょ。
ぶっちゃけタイトルは男性達のほうがセンスが良いように思えますが、女性のほうが文章上手ですねw

暇つぶしくらいにはなると思いますので読んでみてください。

■タイトル:昔の彼女と今の彼女の違いっ!

結論から言うと昔の彼女の方がいいです。
思い出補正が働いているのかもしれませんが、会わなくなってからの期間が長くなるにつれ、昔の彼女のいい所ばかりが思い返されて、よけいに美化されているのかもしれません。
若い時、20代前半に付き合った彼女というものはお互いに年齢も近く、子供の頃に見たテレビの話なででも盛り上がれましたのですが、今の彼女は私より年が10歳以上若く、子供の頃や学生の時の話になるとどうしてもジェネレーションギャップを感じてしまいます。
それは私が私より10歳以上若い女性としか付き合う気がないのでしょうがないことなのですが、そういう事を差し引いても昔の彼女の方が好きなのです。
今の彼女もいい女なのですが昔の彼女と比べてしまうと色々な面でどうしても見劣りしてしまいます。
昔の彼女以上の女を探していたらいつになったら彼女ができるかわからないので、私もそう理想ばかり追い求めているわけにはいかないのである程度、満足できる女性ならば彼女が欲しいのです。

■タイトル:イマカノモトカノタチ

今まで多くの方とお付き合いしてきたわけではありませんが今カノと元カノについて話したいと思います。
最初の彼女は中学二年生の時の春休みにできました。
なんとなく仲が良くなんとなくいいな、なんとなく可愛いなと思っていた子でした。
メールをしているうちになんとなくそういう流れになってなんとなく付き合いました。
中学生によくあるあれです。その後一ヶ月くらいで別れました。
高校の時の彼女は一年半くらい付き合いました。
スポーツが好きな子で少しおっとりしていましたがやることはしっかりやる子でした。
そのギャップを好きになりました。
やるときはやるということで向こうから別れを告げられ終わりました。
今の彼女は二年以上付き合っています。
性格顔共に一番タイプです。
結局のところ、なにが言いたいのかというと、その時の彼女が一番いいということです。

■タイトル:今の自分の妻と、前の彼女どちらが好きか。

今、僕には結婚して3年になる妻がいます。
今の妻とお付き合いをするまでに、何人か女性とお付き合いさせていただきましたが、恥ずかしながら数か月という期間を過ごすのがやっとでした。
今の妻と比べ、前の彼女の方がよかったと思うことは正直山ほどあります。
今の妻はとにかく頑固ですので、物分りの良かった以前の彼女の方がよかったと思うのは日常茶飯事です。
他にも挙げていけばきりがないと思います。
しかし、今の妻との間には2人子供がいます。
子供が出来て見えてきた部分もあります。
昔の彼女の方が良かったと思うところは沢山ありますが、それ以上に今の妻の方がいいと思えるところがあるからこそ、今でも共に生活出来ているのだと僕は思います。
それは子供が理由でもなく、諦めでもなく、単純に妻のことを愛しているということだと思います。
今の妻が100%ではありませんが、昔の彼女と、今の妻、どちらを愛しているかと聞かれれば、僕は間違いなく今の妻と即答します。

■タイトル:最初の彼女に今でも恋をしている

男でも女でも、一番好きな人とは結ばれないという話を聞いたことがあります。
これは若い時に恋愛をすると恋愛自体が未熟ですし、色々な異性と恋をしたくなる年齢でもあり、ちょっとしたことが許せない年代という事があるのかもしれません。
それが大人になり、世間というものが分かってきたり、結婚に求める条件に変化が出たり、年齢的な焦りなどもあり結ばれることになることが多いからだと思います。
私の場合にも、それは当てはまります。
大学時代の彼女は可憐で、素直で、品があったと今でも思っています。
色々な出来ことも初めての体験だったりして、輝いていたように思います。
そういう時の女性ですから、現在の妻と比較してはいけませんが、素敵な女性だったと思います。
思い出は美しいという事もありますが、やはり最初にときめいた、彼女が私の中では最高の女性でした。

■タイトル:素敵な思い出sunsun

私には妻がいますし、子供もおります。
よくこの人は彼女にするタイプ、この人は奥さんにするタイプという話しを耳にしますが、昔の彼女と言えば、まず顔がタイプもしくはストライクゾーンではないと付き合わない。
あたかもとても審査の厳しいオーディションの審査員であるかのように、偉そうにしていました。
まるで某ミュージシャンの『君の顔が好きだ』という曲になぞられるように女性を見ていました。
結婚までいく女性と、彼女で終わる女性と決定的に違うのは、人それぞれ持論があると思いますが、私の場合はその女性を失いたくないという強い気持ちをその女性に抱くことができるかということが判断基準でした。
人間を物のように言うのはおかしいですが、私所有の物にしたい気持ちでした。
結論を申しますと、妻が好きです、好きという言葉も結婚することで、もっと深みのある『好』きになりますね。

■タイトル:嘘を吐く彼女と正直すぎる彼女

今の彼女は昔の彼女と比べて喧嘩が多く、ストレスを感じることもよくあります。
こうした喧嘩が絶えない日々を過ごしていますが、僕は昔の彼女よりも今の彼女の方が好きです。
昔の彼女は性格は控え目だったものの、嘘を吐くところがありました。
僕のためを思ってのところもあったと思いますが、友人の誘いを断れなかったというのを理由に合コンに参加していたりしていて、正直彼女のことは心の底から信頼することが出来ませんでした。
ですが今の彼女は、なんでもつっけんどんに言う性格ながらも嘘は絶対に吐きません。
時々、言い過ぎなんじゃないかと思うところもありますが、そういう彼女のストレート過ぎる部分も含め、僕は今の彼女のことを信頼しています。
これからもっとお互いを理解し、喧嘩の数を減らしていけたら、きっと僕たちは生涯寄り添える関係になれるのではないかと思っています。

■タイトル:付き合っているときは家内

正直、昔の彼女と今の家内とどちらが好きかといわれても困ります。
実際に家内と結婚する前、お付き合いしているときのことを思い浮かべると明らかに昔の彼女よりも家内のほうが好きだったといえます。
しかし、実際に結婚して生活が見えてくるとちょっと違います。
特に子供が生まれてからは家内との恋愛感情というよりは、生活というイメージが強くなり、好きとか嫌いという感情はあまりないのが現実です。
やはり、恋愛感情は結婚してからはかわるとよくいわれますが、自分自身に限ってと思っていたもののやはりこんな感じかと実感している次第です。
ということで、今の感情をベースにすれば、結婚後の家内よりも昔の彼女ということになるでしょうか。

■タイトル:今の奥さんと結婚して本当によかった

私は今まで何人かの女性とお付き合いさせて頂きました。
今の奥さんは最後にお付き合いしました。
3年程お付き合いして結婚に至ったのですが本当によかったと思っています。
最初お付き合いしていた時からすごく好きだったのですが、どんどんもっと好きになっていきました。
結婚前に同棲したのですが一緒に住んでみても嫌だと思う事はあまりなくて、相性が合うんだろうなと思います。
結婚した今でも変わらずずっと支えてくれているので本当に感謝しています。
料理も最初は下手だったのですが練習して上手になりました。
過去にお付き合いした女性とはすぐに別れることが多かったので深く知っていないからなのか分かりませんが、今の奥さん以上に好きになれる人はいませんでした。

■タイトル:容姿だけでは長続きしない!合うかどうか!

私の場合は、容姿だけでは、前に付き合って彼女の方が好みでした。街を二人で歩いていても、男性は振り返るような美人であったため、連れて歩いていてる時は、とても自慢気にしていたと思います。
しかし、わがままさは半端ではありませんでした。
美人なため、男性の誰からも、良いように扱われることがあったために、それを私にも望んでいたといった感じでした。
とんでもないくらい振り回され、結局は私が疲れてしまい、別れました。
その後、同僚であった妻と付き合うことになり、結婚しました。
同僚時代からお互いが気を使うことなく、素のままの自分でいれたため、本当に一緒にいることが気が楽でした。
私は、このような経験をしているので、容姿よりも、自分と本当に合う妻の方が好きです。

■タイトル:過去の彼女と現在の彼女の差

実際前の彼女はあまり顔も可愛くは無かったので外に出て一緒にお出かけすることは考えられませんでした。
しかし今の彼女とは楽しくお買い物することもでき、ほんとにちょっとした事でも楽しく感じます。
楽しくてしかたありません。
今の彼女とは一度別れてまた付き合ったのですが、やっぱり他の女性と付き合ったとしても自分にはこの人しかいないのだなと思えるような存在になっています。
だからそこ昔の彼女はそういった面でも一緒にいて楽しいと思うようなことも少なかったですし、正直鬱陶しく思うようなこともあった気がしました。
今の彼女を大切にしたいと強く思うのも過去の経験があったからこそだと思います。
恋愛をいくつか経験することが大切だとも気づきました。

以上です。

なんか幸せそうな?記事ばかり、みんな今の彼女が好きなんですね。
まぁ、幸せが一番だと思います。

スポンサーリンク