パソコンの画面をGIF形式で録画する方法「ScreenToGif」

「ScreenToGif」はパソコンの画面をGIF形式でキャプチャー録画&編集できるフリーソフトです。
録画は60fps(60フレーム=60枚の静止画/秒)まで選択可能で、録画後に各フレームを画像として抜き出し編集することも出来ます。
またGIF形式以外にもFFmpegを設定することでmp4などの動画にも変換できます。
他にもフレームなどを編集できる「Editor」や、Webカメラでの録画も出来ます。

ダウンロードはインストール版・ポータブル版の選択が可能です。
ScreenToGif ⇒http://www.screentogif.com/

「基本的な設定」

フレームの削除などの編集の際にいちいち確認されるのが面倒な人は「Ask me before deleting frames.」と「Ask me before discarding a project.」のチェックを外します。

通常時はこのままでOKですが、録画時に音声のズレが発生した場合は固定フレームレートと「Enable asynchronous recording.」にチェックをつけます※可変フレームのほうが動画は滑らかになります

次にExtrasタブを開き、解凍したbinフォルダ内にある「ffmpeg.exe」を割り当てます。
FFmpeg ⇒ Download for Windows

画面を録画する場合は先にfpsを選択(一般的には30fps)して画面の大きさをドラッグ&ドロップで決定>「録画」>「停止」

編集せずに、そのままGIFやmp4で保存する場合は、

①Shift+クリックなどで全てのフレームを選択(不要なものはDeleteや編集から削除できます)
②メニュー>ファイル
③Save as
④保存形式を選択します※Videoで書き出す場合はencoderでFFmpegで拡張子を変更できます
⑤保存先を指定
⑥Saveでエンコード後に保存されます。

「Editor」では画像や動画をドラッグ&ドロップで読み込むことが出来ますので簡単な編集ならできますね(透かしや文字入れとか)※画像のフレームサイズが違っても背景色の設定でいけます。

動画の編集は専用ソフトAdobe PremiereとかAfter Effectsと比べると物足りないですが、これはこれで面白いと思いますので使ってみてください。

以上です。

スポンサーリンク