パソコンの画面をGIF形式で録画する方法「ScreenToGif」

「ScreenToGif」はパソコンの画面をGIF形式でキャプチャー録画&編集できるフリーソフトです。
録画は60FPS(60フレーム=60枚の静止画/秒)まで対応。

録画後に各フレームを画像として抜き出し編集することもできます。

またGIF形式以外にもFFmpegの設定することで、mp4など別の動画形式にも変換できます。

ScreenToGif ⇒https://www.screentogif.com/

「基本的な設定」

編集のときに、確認の表示が不要な場合は「Ask me before deleting frames.」と「Ask me before discarding a project.」のチェックを外します(推奨)

設定はデフォルトでOK。もし録画時に音声のズレが発生した場合は、固定フレームレートと「Enable asynchronous recording.」にチェックをつけます。※可変フレームの方が動画の再生は滑らかです

次に「Extras」を開き、解凍したbinフォルダ内にある「ffmpeg.exe」を割り当てます。
FFmpeg ⇒ Download for Windows

画面を録画する方法は、FPSを選択(一般的には30FPS)して画面の大きさをドラッグ&ドロップで決定>「録画」>「停止」

編集せずに、そのままGIFやmp4で保存する場合は、

(1)Shift+クリックなどで、すべてのフレームを選択(不要なものはDeleteや編集から削除可能)
(2)メニュー>ファイル
(3)Save as
(4)保存形式を選択します※Videoで書き出す場合はencoderで、FFmpegで拡張子を変更できます
(5)保存先を指定
(6)Saveでエンコード後に保存。

「「Editor」では、画像や動画をドラッグ&ドロップで読み込み簡単な編集作業が行えます。(透かしやテキスト入力など)

動画の編集は専用ソフトと比べると物足りないですが、GIF形式で作成・保存したい場合は使いやすいソフトだと思います。

以上です。

スポンサーリンク