カスペルスキーで「暗号化された接続が確立・・・」証明書の名前が無効と表示された場合の対処法

カスペルスキーを使用している方で「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」とか「証明書の名前が無効です」と表示された場合の対処法です。

では早速。

SSL化(https://)されたサイトでは、コンピューターとサーバーの間で「暗号化された接続」を行うために、電子証明書を使用します。なので証明書を発行していない場合は下記のように表示されます。※このサイトは暗号化していますので表示されませんよw

image-9

カスペルスキーの英語版サイトにも下記のような記載があります。

ウェブサイトを開くときに「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」というメッセージが表示された場合、Kaspersky Labアプリケーションがウェブサイトの証明書に問題を検出したことを意味します。あなたのアカウント情報やその他の個人情報が犯罪者の手に渡る可能性があるため、証明書の問題があるWebサイトを開かないことをお勧めします。
証明書は、ユーザーのWebサイトへの接続が暗号化されていることを保証するデジタル署名です。
また、ウェブサイトが本物であることを確認します。

これが基本です。

ここでいう暗号化とはhttps://ですね(いわゆるSSL)。

https =暗号化されたサイト
http =暗号化されていないサイト

ということは知っていますよね。

暗号化していないサイトに接続すると情報が洩れるので接続しないで下さいねってことです。

なにが漏れるのかというと、年齢とか性別とか、住んでいる地域とか、その他いろいろですw

ただし暗号化されたスキャンを有効にしていると観覧できないサイトもありますので暗号化を無視する設定に変更するのもありです=「暗号化された接続をスキャンしない」とする(これはカスペルスキーにも仕方がない場合として記載あり)

その場合は暗号化された接続ができないので下記のように「保護レベルが低下します」と表示されます。

image-3

ありえないことなのですが、もしも暗号化されたサイトで「暗号化された接続が確立されたドメインに対する信頼性を保証できません」と表示された場合は、カスペルスキー側に不具合が発生していますので、下記の手順でカスペルスキーの証明書を再インストールすることもできます。(これはカスペルスキーの証明書であって、暗号化されていないサイトのものではありませんよ)

以下、証明書のインストール手順です。

1:設定ボタンをクリック

image-3

2:詳細>ネットワーク

image-5

3:暗号化された接続のスキャンで「保護機能の要求に応じて暗号化された接続をスキャンする」or「暗号化された接続を常にスキャンする」を選択し、詳細設定をクリックします。

image-6

4:証明書のインストールを選択します。

image-10

自分でサーバーを組んでWebサイトを作成する時でも、Let’s Encryptとか使えば暗号化できるんですけどね・・・
管理人が「めんどくさがり屋」か「少し知識が足らない」と見る側も苦労するってことですね。

以上です。

スポンサーリンク