Windows10の更新に失敗した時に試してみてほしいこと

Windows10の更新(アップデート)に失敗する場合に試してほしいことを書きましたので、順に試してみてください。(どれもリスクはありません)

エラーが表示された場合に最初にすることとして互換性の問題をなるべく解決するために下記のことを行ってください。

・USBコネクタで接続されたドライバー(プリンターなど)関係ないプログラムを外す(ドライバの互換性の問題)。
・セキュリティソフトの削除(更新プログラㇺの競合を避ける)
・コマンドプロンプトでmsconfigと入力してスタートアップオプションを起動後、「スタートアップのオプションを選択」>「スタートアップの項目を読み込む」を外して適用。そのままメニューのサービスに移動して、Microsoft以外のサービスを隠すと自分でインストールしたソフトのみが表示されるのでこれを一旦無効。

そのままメニューのスタートアップからタスクマネージャーを開き、スタートサービスも出来るだけ無効にします。

続いてMicrosoft公式からWindows updateのトラブルシューティングをダウンロードして実行します⇒トラブルシューティングツール

大体はこれで解決すると思いますが解決しない場合は下記をチェックしてください

「Windowsロゴキー+R」で「services.msc」と入力してWindows Update上で右クリックして「開始」をクリックします。

image-5

手動になっている場合は「自動」に変更。

image-6

コマンドプロンプトを管理者として開き下記のコマンドを入力して実行後、PCを再起動します※一旦Updateのサービスを停止して起動

net stop wuauserv
net stop cryptSvc
net stop bits
net stop msiserver
net start wuauserv
net start cryptSvc
net start bits
net start msiserver

これでもダメな場合はシステムファイルをチェックして整合性を確認します。

コマンドを管理者として実行しコマンドを入力:sfc/scannow ※時間がかかります

image-3

スキャン終了後、システムファイルが壊れていた場合は自動で修復してくれます。

以上です。

スポンサーリンク