Windowsで起動できるAndroid OSのディスク作成してみた

Windowsで使えるAndroidエミュレータは「Genymotion」だったり「Andy」だったり、またはVMwareなどのシミュレータを使用して起動するなど・・・方法は沢山あると思うのですが、今回は普通にCD-Rに焼いて起動させてみました。

ぶっちゃけると、ただの暇つぶしですw

本当はCD-R(Androidブートディスク)からLIVEで起動⇒使用感を確認してからHDDにインストールの流れになるところですが、今回はLIVEで起動させただけで止めたので、Googleプレイからアプリのインストールは出来ていません。

まぁアプリを書き込むストレージがないのだから当然ですよね。

p_20161204_004631

p_20161204_010048

LIVE起動は保存領域がない状態なので、「インストールしないとマジで使えないな・・・」と思い、途中で少しムキになりかけ「マル秘コレクション用のHDD」にAndroidをインストールしようかとも思いましたが、データを消すのが勿体なかったのでやめました。

ちなみに今回はLive CDから起動させて遊んでみただけですが、本気の人がいたら一番下に表示された「Installation~harddisk」からインストールできます。

当然ですがインストールしてしまえば、Googleプレイからアプリをインストールすることもできますし、古いまともに動かないPCでも動かせるかもしれません(Android OSは軽いので)

p_20161204_004052

Winodws用のAndroid OSは下記から入手しました⇒ ダウンロードファイル一覧 – Android-x86(もしくはここ

image-1

ちなみに起動のためのUSBは「Rufus」を使ってファイルシステムは「FAT32」でブータブルディスク(ISOイメージ)で書き込んでいます。

インストールしなかったのでグダグダのブログになりましたが、試しにAndroidを起動して遊んでみたいだけだったら他の方法をお薦めします。

ゲームだけとかでしたら、エミュとかVMwareの方が良いです。

PCにAndroid OSをインストールするなら、この手順しかないですけどね。

スポンサーリンク