PCのドライバーを簡単に更新できる「3DP Chip」の使い方

みなさんはPCのドライバー更新していますか?

私は、気の向いた時にしかしていません。
今年の3月のこの「ドライバー更新ソフトをいくつか使ってみた感想」を書いた時からドライバーは更新していません。というか、デバイスエラーが表示されているわけでもないので意識しないんですよね・・・本当はダメなこともよく分かっています。
ということで前回使わなかったドライバー更新ソフト「3DP Chip」を使ってみました。

最初に使ってみた感想を書きますが、自力でメーカーからドライバーをダウンロードしてきて更新したことがある人なら使えますが、初心者には難しい気がしました。

スポンサーリンク

3DP Chip の使い方

下記から実行ファイルをダウンロードします。

3DP Chip ⇒ http://www.3dpchip.com/3dpchip/index_jpn.html

「3DP_Chip_v1611.exe」を実行してインストールすると下記の画面が開きます。

UIは少し見難いですが、CPU/マザーボード/ビデオカード/マルチメディア/ネットワークカード/ETCに使われているドライバーが一目で確認することができます。

使い方として最初に各ドライバーを更新する前にバックアップをとります。ドライバー更新したけど動かなかったなんて最悪ですから、このあたりは基本ですね。

Driver>Backupで下記画像が開きますのでALLを選択して「Start Backup」をクリックすることでバックアップがとれます。

バックアップ後は、Restoreからバックアップがとれたかを確認して下さい。これでドライバーを戻したい時にチェックをいれてRestoreで戻せます。

次にドライバーを更新していきます。有名なドライバー更新ソフトは自動ですが「3DP Chip」は手動で更新する必要があります。使い方もとても簡単で基本的にはドライバをクリックして一番上に表示されたDownloadをインストールするだけです。

下記の場合はビデオカード部分をクリックしてから、自分で最新のバージョンをダウンロードした画像です。

ダウンロードしたファイルを解凍して、中にあるセットアップ(実行ファイル)から進行します。

これでビデオカードのドライバーの更新は終了です。

ネットワークカードの更新をする時は「3DP_Net_v1609.exe」を実行するだけで更新されます。

こんな感じで一つ一つ更新していくことになるのですが、PCに慣れていない人が使うには少し難しいかもしれませんね。でも、ドライバーが見つからない時など試す価値はあると思います。

以上です。

スポンサーリンク