リッピングソフト「WinX DVD Ripper Platinum」の実力は如何に?

私はDVDのリッピングに興味はありません。

今の時代、わざわざリッピングしなくても全てが手に入る気がします。なぜか、有料のリッピングソフトは沢山持っていますけど…

というか、わざわざDRM解除してリッピングすることに意味があるのか?って思っています。

よほど画質に拘らないかぎりはダウンロードができない動画でも「キャプチャー機能」で録画することもできますからね。

DVDFabは以前に少しだけ書いたので、今回はDigiarty Software,Inc製品のリッピングソフト「WinX DVD Ripper Platinum」を使ってみることにしました(ちなみに5kplayerとかも同社製品です)

「うっ・・・中国企業じゃん・・・微妙・・・」って思われた方もいると思いますし、私もそう思いますが、ソフトは使ってみないことに分かりませんからw

スポンサーリンク

WinX DVD Ripper Platinumを使用してみた感想

「WinX DVD Ripper Platinum」の主な機能は

  • 市販やレンタルのDVDのコピーを解除してISOファイルに変換するなど無劣化でコピーできる(これがリッピング)
  • DVDのデータ(ISOファイルも含む)を自分の扱いやすい動画形式に変換することができる(これがエンコード)

になります。

エンコードの際の対応拡張子はどうでもいいと思ったので書きませんが気になる方は公式サイトで確認できます。

今回はFREE版でレビューや使い方を書こうと思いましたが、あまりに制限がきつく、まともに使用できなかったので製品版でのレビューになりました・・・

起動後のUIは綺麗です(これだけで大体使い方は分かりますね)

今回はロックなしのDVDを使用してDVDのリッピングをしてみました。手順としては、DVDディスク>DVDデータを選択>RANを選択するだけです。

もちろんRANをクリックする前にコーデック形式やビットレートなども設定することができます。

今回はPCで再生するようにDVDのデータをリッピングしましたがデバイスにあわせてリッピングすることも可能です。※例えば出力設定をAppleデバイスを選択した場合下記のように表示されますので、自分のデバイスを選ぶことができます。Androidなども同じですね。

出力プロファイルでDVDバックアップから扱いやすいISOファイルとして保存することも可能です。ISOファイルにしておけば、後からどうにでも変換できますよね。

他にも上部ISOイメージタブから、動画が入ったISOファイルを読み込んで他の形式にエンコードすることも出来ます(その際に際に字幕の音量の設定、不要な部分をトリミングするなどの編集を行うことも出来ます)

今回は、ディズニーや新作DVDといったロックがされているDVDでは試していませんので、そのへんは不明です(2ちゃんねるではロック解除ができないなどの酷評もありましたのでTUTAYAにDVDを借りに行こうか迷たんですけど面倒だったので止めましたwまぁロック解除は違法ですしDVDFabにしても同じような意見もあるので・・・)

ロックがないDVDのリッピングは、私の環境では問題なく使用できました。正直、事前知識で酷評するつもりだったんですけど普通に使えたので酷評もできず書き終わりました。

使い道としては、学校などで配布されたDVDをこのソフトでISOファイルとして読み込んでおくとか・・・大切なDVDに傷がついて一般的なメディアプレイヤーで再生できなくなったのでデータだけ救済したい時とかは便利に使えると思います。

実際に自分で試してみたい方は、12/9~26日までクリスマスプレゼントキャンペーンで今回紹介した「WinX DVD Ripper Platinum」が無料(7200円⇒0円)でダウンロードできますのでご自分で試してみてください。

以上です。

スポンサーリンク