「WinX DVD Ripper Platinum」を試してみた感想

「WinX DVD Ripper Platinum」の主な機能は下記の2点です。

  • 市販やレンタルのDVDのコピーを解除してISOファイルに変換するなど無劣化でコピーできる
  • DVDのデータ(ISOファイルも含む)を自分の扱いやすい動画形式に変換することができる

今回はFREE版でレビューや使い方を書こうと思いましたが、あまりに制限がきつく、まともに使用できなかったので製品版でのレビューです。

起動後のUIは綺麗です(これだけで大体使い方は分かりますね)

今回はロックなしのDVDをリッピングをしてみました。手順としては、DVDディスク>DVDデータを選択>RANを選択するだけです。

もちろんRANをクリックする前にコーデック形式やビットレートなども設定することができます。

今回はPCで再生するようにDVDのデータをリッピングしましたがデバイスにあわせてリッピングすることも可能です。※例えば出力設定をAppleデバイスを選択した場合下記のように表示されますので、自分のデバイスを選ぶことができます。Androidなども同じですね。

出力プロファイルでDVDバックアップから扱いやすいISOファイルとして保存することも可能です。ISOファイルにしておけば、後からどうにでも変換できますよね。

他にも上部ISOイメージタブから、動画が入ったISOファイルを読み込んで他の形式にエンコードすることも出来ます(その際に際に字幕の音量の設定、不要な部分をトリミングするなどの編集を行うことも出来ます)

今回は、ディズニーや新作DVDといったロックがされているDVDでは試していません(違法なので…)。試しに雑誌の付録(ロック付きDVD)でリッピングしましたが、私の環境では問題なく使用できました。正直、事前知識で酷評するつもりだったんですけど普通に使えたので酷評もできません。

使い道としては、学校などで配布されたDVDをこのソフトでISOファイルとして読み込んでおくとか・・・大切なDVDに傷がついて一般的なメディアプレイヤーで再生できなくなったのでデータだけ救済したい時とかですね。

以上です。

スポンサーリンク