ブラウザのキャッシュというものを理解してほしいと思った日

夜中に母親からこんな電話がかかってきた

「私のブログおかしくなったから直してほしい」

「今、何時だと思ってんだ?」と思いながら

「なにしたん?」と聞く。

「なにもしていないよ」と母親。

「なんかせんとおかしくならんやろ?なにしたか覚えてないん?」と聞くと、

「なにをしたか分からないけど、おかしくなったから見てほしい」と・・・

例の女特有のやつか・・・と思いながら「わかったよ」と答えてすぐに見てみる。

もうカチャカチャ、広告を貼る時なのか、ブログの見た目を変更するためなのかは分からないけど触ったらダメなところまで触っていました。

5分ほどで直ったので母親に「直ったよ」って電話するも、

「直っていない、ブログはカチャカチャのまま」と言い張る↓

イラっときて「キャッシュを消してからブログ見てや・・・直っとるから」と伝えるも、「キャッシュってなに?」と聞かれる。

「ブラウザが読み込みを速くするために一時的に保存する機能」っていっても通じない。

キャッシュ(一時保存のデータ)が残っているからブログを更新しても更新されていないように見えているだけっていっても通じません(説明が下手なのかな?)

面倒だったので「キーボードのF5(更新)押してみて」というも

「直ってない!!とにかく直して!!」という母親。

「・・・そら直らんよな・・・」と思いながら、

こちらとしては「設定から観覧履歴を削除を選択したらキャッシュも消えるよ」と言いたいところだけど伝わらないのは分かっていることだし・・・

CCleanerを使って・・・と言いかけたけど、すぐに無駄なことに気づくorz

ここで一番簡単なことを思い出しました。

「別のブラウザでブログを見て、もし直っていなかったら電話して!」←今日一の閃きでしたw

数分後に母親から「ありがとう、直っている、助かったわ感謝します」とメールが届きました。

ブログ更新したけど反映されないパターンは沢山あるとおもうけど(例えばXserverでmod_pagespeedをonにしたままで反映されないとか・・・)、キャッシュの削除なんてブログを更新する以前の問題ですよね・・・

ま~感謝されたみたいなんで良しとしますけどw

しかも翌日お礼として10,000円頂きました(母親のブログ3~4日分の収益)

スポンサーリンク