カスペルスキーセキュアコネクションを購入してみた

今日もWindows10のクリーンインストールから一日が始まりました。

カスペルスキーも再インストールしたわけですが、「カスペルスキーセキュアコネクション」なるソフトが追加されていました。

まぁ「VPNサーバー」です。

VPNサーバーのことをいまさら書くのも面倒ですので、簡単に書きますが通信を暗号化してプライバシーを守りましょうというものです。

「セキュアコネクション」の使い方はスイッチをオンにするだけです。無料版は一日に使える容量は200MBだけ。

image-2

ただ有料版にしても価格はそんなに高くなく3218円/年です。

無料版での接続先は香港1択?で回線の速度は相当遅いです(まぁ、他国にあるサーバーを経由しているわけだから…)

無料版の「SPEED TEST」をしてみた結果は、VPNを経由しない時の10分の1以下。※Pingでの応答速度も遅いですしDownloadもUploadも酷すぎる…

経由しない場合は、PING:34ms / DOWNLOAN:327Mbps / UPLOAD:272Mbps」

経由した場合は 、PING:484ms / DOWNLOAN:7.58Mbps / UPLOAD:1.82Mbps」

これだと無料で使えるVPN以下(下記の画像は一般的な無料のVPNサーバー)

ということで有料版を1ヶ月契約して日本のVPNサーバーに接続して計測してみました。

無料のものに比べると明らかに速いですし、まだ使えるレベルです(それでも遅いですけど…)

時間帯や曜日によっても違うのかなと思い後日計測しなおしましたが、変わりませんでした。

ということでカスペルスキーセキュアコネクションは、お金を払えば使えるレベルです。

私はProxyも契約しているので…ちょっと要らないかなって感じです(アンインストール決定)

スポンサーリンク