Windows Defender セキュリティセンターを無効にする方法

Windows Defender セキュリティセンターは無効にして非表示一択ですよね(トレイにアイコンが無駄に表示されていることが気に入らない&無駄なリソース消費)

これ↓(久しぶりに起動させてみました)

レジストリ弄って、なるべく無駄なリソースを使わないようにしても微妙にリソース使っていますし、下記のようにC:\Windows\SystemApps内のWindows.SecHealthUI_cw5n1h2txyewy(SecHealthUI.exe)のシステム名を変更しても同じようにリソースを喰います(起動はしないというより出来なくなりますが無意味)

なので下記の手順でスタートアップで停止させるのが一番簡単です(本当に不要ですからね)

以下手順です。

1:Ctrl+Alt+Deleteでタスクマネージャーを起動します

2:スタートアップのタブを開いて「MSASCuiL.exe」の起動を有効から無効に変更します。

3:再起動で終了です(もし起動したい場合は同様の手順で有効にすればOK)

これで起動することもないのでタスクバーにも表示されません。もちろんリソースも消費しません。まぁこの方法じゃなくてもスタートアップを管理できるソフトを使用しても可能です。

スポンサーリンク