Windows Defender セキュリティセンターを無効にする方法

Windows Defender セキュリティセンターを無効にする手順です。

最初に、「Ctrl+Alt+Delete」でタスクマネージャーを起動>スタートアップのタブを開いて「MSASCuiL.exe」有効から無効に変更します(とりあえずこれで手動でのみ起動)

パスはC:\Program Files\Windows Defender\MSASCuiL.exe

続いて、レジストリから無効化します。

※レジストリで無効化するとスタートアップで有効にした場合でも、自動で停止されます

Windowsロゴキー+Rで「regedit」と入力。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SecurityHealthServiceの文字列値「Start」をクリックして値を「2」から「4」に変更。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\wscsvcの文字列値「Start」をクリックして値を「4」に変更。

Windowsの通知を有効にしていると、「有効にしてください」と通知されるので「OFF」推奨です。※グループポリシーからセキュリティセンターからの通知を止めます。

これで起動することもないのでタスクバーにセキュリティセンターは表示されません。

以上です。

スポンサーリンク