Windows10 SSDのデフラグは必要?不要?

Windows10のパソコンでSSDのデフラグは必要なのか?不要なのか?について書きます。

SSDであってもデータの読み書きをおこなう時に不要なデータ(ゴミ)は当然残ります。不要なデータが残ることで管理効率が落ちます(レスポンスが悪くなる)ので、デフラグは必要ということになります。

Windows Vistaの頃は自分で「Trimコマンドを有効」にする必要がありましたが、Windows7以降からデフラグにTRIMコマンドが組み込まれているので、標準のデフラグで十分です。(=デフラグ時にTRIMコマンドを送り、不要なデータを綺麗にします)

手動で「TRIM機能が有効になっているか」を確認したい場合はコマンドプロンプトを開き

fsutil behavior query disabledeletenotify

と入力することで確認することができます。

ちなみに「0」と表示されている場合、TRIMは有効です。

もし有効になっていない場合は、管理者としてcmdを開き

fsutil behavior set disabledeletenotify NTFS 0
fsutil behavior set disabledeletenotify ReFS 0

と入力して有効化することをおすすめします。

そういう私も数年前はSSDも高価&壊れやすいイメージがあったのでデフラグをしないまま使っていましたが、結果としてはデフラグをしても壊れません。「SSDはデフラグすると書き込み回数が増えて壊れやすくなる」というのは妄想ですね。

なので昔の情報を信じてSSDのデフラグを停止させている人は有効にした方がいいです。

Windows10で「デフラグの有効/無効」を確認するにはコントロールパネル>管理ツール>ドライブのデフラグと最適化をクリックし、スケジュールされた最適化がオンになっていればOKです。

ただし、スケジュールされた時間にパソコンが停止していると最適化されませんので、たまに手動で最適化するといいかもしれませんね。

スポンサーリンク