Crucial SSDがさらに高速化「Storage Executive」が最高すぎる

SSDはHDDに比べてはるかに高速なので十分ですが「Crucial Storage Executive」をインストールして一時キャッシュを有効にすることで、恐ろしい速度が出ます。個人的な感想を書くと体感できるレベルです。

Crystal Disk MarkでCrucial Storage Executiveを使う前と後で計測したところ下記のような結果になりました。最大10倍の速度らしいですが、私の場合は1.5倍ってところですね(旧タイプのCT256MX100)

当然ですがCrucialのSSD以外は使用できません。(別のSSDだとストア行きです)

Crucial Storage Executive は無料ですし使い方も簡単ですが一応書いておきますね。

Crucial Storage Executive ⇒ http://www.crucial.jp/jpn/ja/support-storage-executive

64bitの場合は「storage-executive-win-64.zip」を解凍後「StorageExecutive-3.46.062017.04-windows-64bit-Setup.exe」を実行すると下記の画面が開きますので、最初に新しいファームウェアをインストールします(下記画像)

次に左側の一時キャッシュのボタンをクリックし「一時キャッシュの有効化」をクリックします。有効化と再起動を選択して終了です。(これでキャッシュされたサイトの読み込みが速くなります)

ディスクの性能と耐久性を向上するためにオーバープロビジョニングをする場合は推奨でOPの設定をクリックします。もし下記のようにエラーが表示された場合はボリュームを一度縮小して未割当て領域を作りOPの設定をします(==ボリュームを縮小することでストレージ内をいったん整理)。OPの設定が終わったらボリュームを結合します。結合後に再度OPの設定をします。これで未割当領域(OP部分)が出来ます。

補足:最初に下記のようにボリュームの縮小で未割り当てを作成しOP設定が大事です(というか、この手順でしかやっていないので他の手順で成功するか分かりませんw)

結合して未割り当てが無くなった状態で再度OP設定をすると下記のようになります。

久しぶりに神ソフトに出会った気分です。

高揚しますね。

スポンサーリンク