GIMPで最初にすること「見た目の変更」など

Photoshopについて書くかGIMPを書くか迷ったのですが、GIMPの初歩的なことから順番に書いていくことにしました。これからPhotoshopやGIMPの使い方を勉強したい方は読んでみて下さい(でも、分かりにくかったらゴメンナサイ)

GIMPのことを知らない方のために書いておくと無料の画像編集ソフトで下記からダウンロード出来ます。私はPhotoshopの方が使い易いので、今はPhotoshopを使っていますが以前はGIMPを使用していました。

GIMP⇒ https://www.gimp.org/downloads/

とりあえず見た目の設定から書いておきます。

GIMPを起動後すると下記のような画面が表示されると思いますので「Ctrl+B」と「Ctrl+L」をクリックしてツールバーとパネルを表示させた後、シングルウィンドウモードにします。これでPhotoshopのような見た目になります。

ちなみにメニューバー、ツールバー、パネルはここです(ちなみにパネルと言っていますがPhotoshopでの言い方でGIMPだとなんて言うのか分かりませんw)。

次に明るい画面だと嫌な方は設定でテーマを変更します。下記はコチラのサイトのTactileを使用しています(メニューバーの編集>設定>テーマ)。※今後の説明はデフォルトテーマで進行しますけど・・・コッチのほうがそれっぽくなりますw

パネルに「レイヤー」などのタブを追加するにはパネルの横にある小さな三角ボタンをクリックし「タブの追加」から選択します(今は別に追加する必要はありません。出来るということだけ覚えて下さい)

タブはドラッグ&ドロップで出し入れも出来ますし、順番も変更することが出来ます。これでよく使用するものを登録しておくことで作業効率が上がります。

とりあえず最初はこんなものです。
一気に覚えるのは不可能なので少しづつが基本です。

なんとなく分かってもらえたら「GIMPで線を引く方法」に続きます。

スポンサーリンク