Windows10 レジストリのバックアップ&復元方法

システムエラーが起こった時のためにレジストリをバックアップする方法と復元する方法(フリーソフトを使用する方法とWindows標準の方法)、2種類を書いておきます。

■Windows 標準機能でレジストリのバックアップ&復元する方法

Windowsロゴキー+R「regedit」と入力し、レジストリエディタを開きます。

レジストリエディタのメニューをクリックします。

レジストリのバックアップを作成する場合「エクスポート」で任意の名前の.regファイルを作成します(バックアップ完了)、復元させる場合はインポートで作成した.regを読み込みます(インポートする場合はソフトなど起動しているプログラムを終了させてから行うのがベター)、ただしセキュリティソフトによっては自分で作成した.regファイルでも怪しいプログラムと勘違いする場合もあります

■フリーソフト「Registry Backuper」を使用してレジストリのバックアップ&復元する方法

最初にRegistry Backuperを下記よりダウンロードします。

ポータブル版⇒ http://www.softpedia.com/get/PORTABLE-SOFTWARE/System/Backup-and-Recovery/Portable-Registry-Backuper.shtml#download

解凍後に管理者として実行し「Registry Backuper」を起動します。

バックアップをとるには下記の手順を行います。

①基本のバックアップを選択(推奨)
②保存先を選択(.wimの保存先)
③バックアップモードの選択
④「Start Now」⇒コンプリート

復元方法は

①復元モードを選択
②作成したバックアップファイル(.wim)を選択
③「Start Now」⇒コンプリート

以上です。

スポンサーリンク