Windows10でWindows7(8.1)のインストール用USBを作る手順

Winodowsのインストール用USBメモリを作成する手順です(今回はWindows7で進行します)
※当然ですがインストールにはプロダクトキーが必要です

以下、手順です。

①HeiDoc.netから『Windows ISO Downloader.exe』をダウンロード後に実行しISOファイルを取得します。
https://www.heidoc.net/joomla/technology-science/microsoft/67-microsoft-windows-iso-download-tool

ここではWindows7、Windows8、Windows10のISOファイルをダウンロード可能です(VMware等の仮想OS用にISOファイルが欲しい人にも使えますね)

②USBメモリに書き込むソフトは『Windows7 USB/DVD DownloadTool』を使用しますのでを下記からダウンロードして下さい。
http://www.softpedia.com/get/System/Back-Up-and-Recovery/Windows-7-USB-DVD-Download-Tool.shtml#download

注意:このソフトは『NET.Framework 2.0』を使用しますので、コントロールパネル>プログラムのアンインストール>Windowsの機能の有効かまたは無効化をクリックし『.NET Framework 3.5(.NET 2.0および3.0を含む)を有効にします。

③『Windows7 USB/DVD DownloadTool』を起動しISOファイルを選択します。

④書き込みたいUSBメモリを選択します。

⑤「Erase USB Device」をクリック。

⑥書き込みが終わるまで待ちます。

⑦パソコンを再起動しBIOSでUSBブートに変更して読み込みます。

以上です。

スポンサーリンク