Windows10 クイックアシスト(リモートアシスタント)の使い方

Windows10の標準機能クイックアシストの使い方です。
クイックアシストはPCとPCをリモートで接続できる機能です。一般的には遠く離れたところから知人のPCのエラーを修復したりする場合などに使われます。

例えば、どちらもWindows10 PCの場合は下記のように簡単にコントロールできます。

接続パターン:Windows10とWindows10の場合

①Windowsアクセサリ>クイックアシストし「支援を受ける=リモートされたい側」or「支援を提供する=リモートする側」を選択。
②「支援を提供する」を選択したPCでは10分間有効の6桁のセキュリティコードが発行されるので、支援を受ける側に教えてセキュリティコードを入力

接続パターン:Windows10からWindows7に接続する場合(この場合はリモートアシスタントになります)

①リモートされる側のWindows7でメニュー>メンテンナンス>Windows リモートアシスタントをクリック
②信頼するヘルパーを招待する>この招待をファイルに保存するを選択(保存後にパスワードも生成されます)

③このファイルをWindows10のPCへメールなどで送りパスワードも教えます。
④Windows10 PC側は、「Windowsロゴキー+S」で検索BOXを開き「msra」コマンドを実行し「招待してくれた人を助けます」を選択。

⑤「招待ファイルの使用」を選択し、パスワードを入力で接続し「画面で共有」を選択します。

簡単ですが、以上です。

スポンサーリンク