WindowsにEclipseをインストールする手順(日本語化)

「Eclipse」はJavaのソースコードの入力・コンパイル・実行を一つの環境で行えるフリーソフトで、ソースコード入力の際にリファレンス(ヒント)も表示されます。

こんな感じです。

以下、Eclipseのインストール&日本語化の手順です。

①Eclipse IDE for Java EE Developersの64bit・パッケージ版を選択
https://www.eclipse.org/downloads/eclipse-packages/

②無料版を選択してダウンロード後に、解凍しておきます。

③下記からWindows用の日本語化プラグインをダウンロードして、これも解凍します。

④pleiades-winフォルダのなかにある「setup.exe」を実行>セットアップ画面が開きますので、最初に解凍したフォルダ内の「eclipse.exe」を選択し「日本語化する」クリックします。

これでEclipseの日本語化は終了です。

⑤ウィンドウ>設定>一般>ワークスペース内のテキストファイルエンコードをその他を選択し「UTF-8」に変更します。

簡単に使い方を書いておくと、メニューの新規>Javaプロジェクトを選択>プロジェクト名を入力してEnter

続いてクラスを作成(パケージ名などを入力=下記のようにして)>完了

実行。

これでOK

あとは練習あるのみ!!

以上です。

スポンサーリンク