Windows10に標準搭載のされているアプリで動画を編集する方法

最近、Windows10に追加された動画編集機能を使用してみましたが、超初心者向けというか・・・直感的に誰でも使える感じでいいですね。※前回のアップデートで画像編集アプリ「フォト」に動画編集機能が追加されました

動画編集機能は、トリミング(必要な部分だけを切り抜く)や複数の動画を結合したり、エフェクト&3Dエフェクト(いい感じにする)、動画に文字やタイトルを入れることが出来ます。

なので簡単な動画の編集ならこれでOKです(拘る方はAdobe After Effectなど…推奨)

Microsoft社製だけあって使い方は簡単なのですが、説明します。

まず「フォト」を起動(場所がわからない場合はWindowsロゴキー+Sで検索)。

フォトが起動したら右上部にある「…」>「設定」を選択します。

ソース>「フォルダの追加」で、編集したい動画があるフォルダを選択し、一度「フォト」を閉じてください。

フォトを再起動すると動画が読み込まれていますので、作成>「ビデオプロジェクト」を選択します。

下記の画面になりますので、編集したい動画にチェックを入れ「追加」をクリック。

下記の画面が開きます。一般的な動画編集ソフトのようなタイムラインはありませんが、各動画素材はダブルクリックで編集できますので開いてみてください。

たとえば、上部にあるトリミングをクリックすると動画をして書き出されるタイムラインを指定できます(これはゲージの調整だけ)。またテキストを選択すると文字の入力場所がありますので入力し文字の位置などを指定できます。フィルターはいわゆるエフェクト、モーションはアンカーポイントの変更ですね(再生される中心点)

また下記の画面で「3D effects」を選択すると動きのあるエフェクトも加えることが出来ます。

エフェクトを挿入すると画像だとわかりにくいですが「3D effects」を使用すると下記の「火の玉?」は動きます。

作成した動画はエクスポートの共有から「S」「M 」「L」の動画サイズを選択して保存することが出来ます(動画の綺麗さはL>M>Sです)

これまで動画編集、あまりしたことがない方でも簡単に動画の編集を行えますので、一度使用してみてください。

以上です。

スポンサーリンク