Chromeの挙動がおかしいと思ったら「Chrome クリーンアップ ツール」で検査してみよう

「Chrome クリーンアップ ツール」は、不要なソフトウェアポリシーに準拠していないソフトウェアだけを検出して警告、削除して元の状態に戻せるChrome専用ツールです(ユーザーのシステムに予期しない方法でパソコンに影響を与えるソフト、または、簡単に削除ができないソフト。 ユーザーが気付かないうちに個人情報を収集または送信するといった「望ましくないソフトウェア」)。

簡単に書くと、「望ましくないソフトウェア」=グレーゾーンのソフトウェア(マルウェア・アドウェアかもしれないソフト」これはESETのPUA機能と同じです(GoogleがESETから技術協力を得ているので)

Chrome クリーンアップ ツール
https://www.google.co.jp/chrome/cleanup-tool/index.html

使い方は、ダウンロードした「chrome_cleanup_tool.exe」を管理者として実行するだけです。「プログラムが見つかりませんでした」と表示がでればOKです。仮にここで望ましくないソフトウェアが検出された場合は削除、拡張機能のリセットが表示されます。

ちなみに検査終了後に「続行」をクリックすることで、拡張機能を無効にしてリセットすることも出来ますが、これはおまけみたいなものなので、全くする必要はありません。

Chromeがおかしい?変な挙動をするといった時以外は使う必要がありません。

スポンサーリンク