Windows10 エクスプローラーのオートコンプリート機能を有効にする手順

Windows10のエクスプローラー上で「オートコンプリート」機能を有効にする手順です。

オートコンプリートとは過去に入力したテキストを文字を記憶して呼び出すことができる機能のことで通常、Windows10のエクスプローラーでは無効になっています。

例えば、

【有効前】…cと入力しても補完されません

【有効後】cの入力でコントロールパネル、コマンドプロンプトなどが補完で表示されます(過去に記録があれば)

以下手順です。

1:Windowsロゴキー+Rで「regedit」と入力しレジストリエディタを開きます。

2:コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorerまでアクセスし、Explorerフォルダの上で右クリック>新規>キーを作成し名前を「AutoComplete」とします。

3:作成した「AutoComplete」上で、新規>文字列、名前を「AutoSuggest」とします。

4:作成した「AutoSuggest」をダブルクリックして値のデータをyesとします(オートコンプリートを無効にする場合はnoを入力します)

5:念のために再起動して終了です。

エクスプローラからすぐにコントロールパネルなどを呼び出せますし、やらないよりはやった方が良いと思います。

スポンサーリンク