無料のファイル共有サービスなら暗号化できるMozilla「Send」がオススメ

知り合いにファイルを送りたい時は『Dropbox』や『Googleドライブ』といったクラウドサービスに、ファイルをアップロードしてから「共有の設定」をするのが一般的だとは思うのですが…けっこう面倒ですよね。だからといってオンラインのファイル共有サービスもメールの登録が必要だったり、1ファイルあたり300MB制限だったりと…なにかと都合が悪い。

この面倒な部分を取り除いた暗号化ありの共有サービス「Send」の使い方を書いておきます。

SendはMozilla(moz://a)がテスト的に運営しているオンラインサービスで、ファイルをアップロードすると、それを暗号化し共有するためのURLが表示されます。暗号化はAES-GCM形式が使われています(ソース)

Send ⇒ https://send.firefox.com/

アップロードできるファイルサイズの上限は1GBです。同時に複数のファイルをアップロードはできませんので、まとめて送りたい時はzipなどに圧縮してからアップロードしてください。

共有したい相手にURLを伝えることでファイルの共有が可能。
※Mozillaのサーバーに保存されている暗号化されたファイルは、24時間経過後、もしくは1回ダウンロードされた直後に破棄されます。

単発で大きなファイルを相手に送りたい時などは使えると思います。

以上です。

スポンサーリンク