バッファローの中継器「WEX-733DHP」を購入して失敗した話

先日から2階の寝室で作業することも多くなってきたのでバッファローの中継器「WEX-733DHP」11ac対応の433Mbps+300Mbpsを購入してみました。

これです⇒ BUFFALO 無線LAN中継機 WEX-733DHP(Amazon)

今使用しているルーターはバッファロー「WZR-1750DHP2」で11ac対応の1300Mbps+450Mbpsのタイプで家の中なら問題ない程度の性能です(2階にある私の寝室と風呂場が少しだけ感度が悪い程度)※推奨利用環境は3階建て同時接続6人のタイプなんですけどね。

まぁ寝室でもJdownloader2で平均22MBはでているので問題ないといえば問題ありません。

ただ、「inSSIDer Home」で確認してみるとSignalが-50dBmと不安定までもいかないですが少し気になったので試しに設置してみることにしました。

下記画像は中継器設置のデータですがSignalは-25dBm。もともとのSSIDの他に中継器用SSIDが2つ(11ac・11n)追加されています。中継器経由のSSIDの方が電波が強く波が少ないことが画像をみると分かると思います。

ただし、もともとのルーターと直接接続した場合と比較すると中継器経由の方が速度は落ちました。まぁ当然といえば当然ですよね(中継器が433Mbps+300Mbpsなので、それ以上の性能がある親機を使用している場合は中継器に削られます)

上の画像を見るかぎり親機(ルーター)が高性能だった場合、よほど電波が届かない状況以外は中継器を使う必要はないですし、もし電波が弱いなぁ~と感じたら中継器ではなく高性能ルーターを購入する方が賢いように思えます。

あと、せっかく購入したので「WEX-733DHP」の個人的な感想を書いておくと、発熱は気になりません(少し暖かくなる程度)、電波は少しだけ強くなりますが、これは元の親機の性能との比較になるため、どう感じるかは人それぞれだと思います。設定はWPSで一発接続も可能ですし、手動でも接続してみましたが説明書通りに進行するだけと簡単でしたので機械に弱い方でも問題ないと思います。

個人的には、この中継器の使い道はないので(苦笑)、今は「WSR-2533DHP-CB」を購入して、今使っているルーターを中継器にすればよかったな…と少し後悔しています。

以上です。

スポンサーリンク