「pagefile.sys」をシャットダウン時に自動でクリアするように設定する方法

仮想メモリ(RAMで足りない部分をパソコン内のストレージで補う機能)を使用している場合、RAM以外で補った部分の情報は「pagefile.sys」に保存されます。

グループポリシー、またはレジストリを変更することで、PCのシャットダウン時に自動で「pagefile.sys」をクリアすることができます。

グループポリシーで「pagefile.sys」をクリア

①Windows10 homeを使用されている方は、先にグループポリシーをインストールしてください。※Windows10 homeにグループポリシーを追加する方法

10 Proを使用されている場合は②に進みます

②Windowsロゴキー+Rで「gpedit.msc」と入力して「ローカルグループポリシーエディタ」を開き、Windowsの設定>セキュリティの設定>ローカルポリシー>セキュリティオプションをクリックします。

③「シャットダウン:仮想メモリのページファイルをクリアする」をダブルクリックします。

これを有効にします。

デフォルトの機能なので簡単です。「pagefile.sys」は、容量が大きいファイルになりがちなので、もともと記憶させない方法もあります。

レジストリで「pagefile.sys」をクリア

Windowsロゴキー+Rで「regedit」として、レジストリエディタを起動します。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory ManagementのClearPageFileAtShutdownの値を「0」から「1 」に変更(元に戻すときは0です)

※ClearPageFileAtShutdownが見つからない場合はDWORD(32ビット)値で作成してください。

以上です。

スポンサーリンク