Lyrics Master for Windowsの使い方(iTunesに歌詞を表示させる方法)

スポンサーリンク

 

iTunesで音楽を再生した時に歌詞を表示させる方法には、

①Lyrics Masterで曲に歌詞を埋め込む
②iTunesに歌詞を表示させるプラグインのインストールとその使い方

になります。

 

 

以下手順です。

Lyrics Masterをダウンロード ⇒ http://www.kenichimaehashi.com/

Lyrics Master for Windowsを起動後、検索>「iTunes連携」をクリックして表示を「iTunes連携中」にします。iTunes連携後に曲を再生することで自動的に歌詞を見つけてくれるのですが、アーティスト名などを入力するとより効率的です。

 

「iTunes連携中」と表示されたら、iTunesで歌詞取得したい曲を再生します。曲に合致した歌詞が見つかると歌詞に曲に埋め込みますか?と表示されますので「続ける」をクリックします(下記画像)。これで曲に歌詞は埋め込まれます。当然ですが歌詞を設定していない曲では歌詞の表示は出来ません。すべての曲に歌詞を埋め込みたい場合は上記のことを繰り返してすべての曲に歌詞を埋め込む必要があります ※毎回、Lyrics Master を裏で起動させて歌詞を拾って埋め込みしてもよいのですが、それは非効率だと思いますので、一度にまとめて歌詞の設定をお勧めします…面倒かもしれませんが…

歌詞を曲に埋め込みが終わりましたら、次はiTunesに歌詞を表示させるプラグイン「Cover Version」の設定をおこないます。

Cover Version(Web魚拓)⇒ http://archive.fo/lY0pe

coverversion-2.1.7a.zipを上記URLからダウンロード。解凍すると「CoverVersion.dll」というファイルがありますので、C:\Program Files\iTunes\Plug-insにコピーします(下記画像)

 

次にiTunesを起動して表示>ビジュアライザ>Cover Versionを選択します。

 

続いて、表示>ビジュアライザ>ビジュアライザの表示を選択します。

 

下記画像のように歌詞が表示されたら成功です(歌詞の埋め込みが成功している)。この時点でビジュアライザが表示されない場合は、Lyrics Masterを裏で起動し読み込ませることも可能です。

 

体調が悪いので早く寝ようと思ったのに時間がかかりました…。

以上です。