間違って送信したGmailを取り消せるようにする方法

デフォルトの設定では間違って送信したGmailを取り消すことができませんが、下記の設定をすることで、メール送信後30秒以内であれば送信を取り消すことができるようになります。

※下記のように「取り消し」が選択可能になります

以下手順です。

①Gmailにアクセスして画面右上にある「ギアマーク」>設定をクリックします。

②全般の「送信取り消し機能を有効にする」にチェックをして、取り消せる時間を30秒に変更します。

③最下部にある「変更を保存」をクリック。

これで送信後に「取り消し」が表示されるようになりますので、いざという時に備えて有効にしておくことをおすすめします。

以上です。

スポンサーリンク