ダイキン エコキュートが凍結?「警報&エラーコードC80」が表示されている場合の対処法

数日前に気温が-4度くらいになったこともあり、朝起きるとお湯がでない状態になっていました。

寒かったので配管が凍結したのかな・・・と思いながら出勤。

昼には解けるだろと思っていたのですが帰宅しても、お湯がでませんでした。

室内にあるコントロールパネルを確認してみると、「エラーコード:C80」と「警報」が表示されている状態で、どこをおしても受付てくれない状態です。

もう解けているはずだからお湯がでないのはおかしい・・・

ということで早速ダイキンの「お問い合わせセンター」に電話してみました。(ダイキンコンタクトセンター全国共通フリーダイアル ⇒ 0120-88-1081)

担当者さんにエコキュートの機種名、「警報」&「エラーコード:C80」が表示されていることを伝えたところ、

「そうですね。C80は凍結した時に表示される場合もあります」

「まずはエラーを一旦解除しますので、室内のコントロールパネルを開いて一番右の三角ボタンを10秒ほど長押ししてください」と・・・

「試してみるとエラーコード:C80&警報の表示が消えました」

「沸き増しも可能!!」

ただし、これで再度エラーが出た場合は、まだ凍結している可能性がありますと・・・

エラーが再表示されない場合は、このまま使っていただいて問題はないとのことです。

ちなみに我が家で設置してあるエコキュートは機種名:EQ46MFHV(低外気温マイナス20℃対応製の製品)なんですけどね。

ダイキンのエコキュートが凍結した場合は、エラーの解除が必要なので「直るまで放置は意味がありません」凍結かな?と思ったら、まずは電話してみてください。

以上です。

スポンサーリンク