Windows10に用意された仮想マシン環境「Hyper-V」の使い方

Windows10に用意された仮想マシン環境「Hyper-V」の使い方を説明します。

仮想マシン環境を構築することで、使用しているOS(例えばWindows10)の中に、仮想マシンを作り他のOS(Windows7やLinuxディストリビューション)を起動することができるようになります。基本的には「VMware」や「VirtualBox」と同じです。

ただしWindows10で「Hyper-V」に対応しているのは「Pro」の64bitだけです。

Windows10でHyper-Vを有効化する手順

最初にPCが「Hyper-V」に対応しているか、又はBIOSの設定でファームウェアーでの仮想環境が有効になっているかを確認するために、コマンドプロンプトを起動して「systemminfo.exe」と入力してください。

これでHyper-Vの要件を確認できます。

すべてOKになっていれば次に進みます。OKになっていない場合はBIOSの設定で「Virtualization Technology」を「Enabled」に変更して有効化します。

「Hyper-V」の要件がすべて満たされている場合は、コントロールパネル>プログラムと機能>「Windowsの機能の有効化または無効化」の順に進み、「Hyper-V」が有効になっているか確認します(なっていない場合はチェックで>OK>再起動)

Virtual PC(仮想マシン)の作成とインストール

今回は、「Hyper-V」を使用して、外付けSSDにUbuntu(日本語LTS)をインストールします。(実行後は下記のようになります)

以下、手順です。

スタートメニューの中にあるWindows 管理ツール>Hyper-Vマネージャーを起動します。

追記:現在は「Hyper-V クイック作成」にUbuntu 18.04 が追加されていますので、そこから仮想マシンを作成する方が簡単です(手順はこちら

続いて既存のPCを右クリック>新規>仮想マシンを選択します。

新規作成ウィザードが開いたら「次へ」を選択します。

仮想マシンにとして表示される名前を任意で入力し、保存場所を外付けSSDに設定します。(ここではEドライブがSSD)

世代は第1世代(旧バージョン)を選択し「次へ」をクリック、メモリはOSに最適なサイズを指定します(今回は4GBを割当て)。ネットワークの構成は接続しないを選択します(任意)

仮想ハードディスクの作成画面が開きますので、「Hyper-V」として使用する容量を割当てます。

インストールオプションで「ブートCD/DVD-ROMからオペレーティングシステムをインストールする」を選択し、UbuntuのISOファイルを選択。

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード ⇒ https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

要約を確認して完了です(この設定は後から自由に変更できますので・・・御自由に)

「Hyper-V」に新しい仮想マシンが作成・認識されていますので起動します。

外付けSSDにUbuntuをインストールします。(このあたりはUbuntuのインストールと同じ

インストールが終わったらUbuntuを起動。(下記画像)

仮想マシンの終了はOS側でも「Hyper-V」からでも可能です。

また設定後の仮想ハードディスク(外付けSSD)は下記のようになります。

時間がある方は試してみてください。

以上です。

スポンサーリンク